2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.03.25 (Tue)

赤い水着に釘付け!、タロットカード殺人事件

「タロットカード殺人事件」

taro.jpg

上映時間 95分
製作国 イギリス/アメリカ
初公開年月 2007/10/27
ジャンル サスペンス/コメディ/ミステリー

監督: ウディ・アレン
脚本: ウディ・アレン

出演: スカーレット・ヨハンソン (サンドラ・プランスキー)
ヒュー・ジャックマン (ピーター・ライモン)
ウディ・アレン (シド・ウォーターマン)

(あらすじ)

夏休みを利用してロンドンの友人宅に滞在中のアメリカ人学生サンドラは、遊びに行ったマジック・ショーで、敏腕新聞記者ストロンベルの幽霊に遭遇し、巷を震撼させる連続殺人事件の犯人が青年貴族ピーター・ライモンであるという特ダネを明かされる。ジャーナリスト志望のサンドラはスクープをものにしようと、三流マジシャンのスプレンディーニこと同じアメリカ人のシドと組んで上流階級のピーターに近づく。

(感 想)

私の大好きなウディ・アレンの作品を、堂々と新作金額でレンタル♪普段は安い準新作や旧作を借りる私、立派です!
観てみると、いかにも彼らしい映画で嬉しくなってしまうヽ( ̄∀ ̄)ノ

ひょんなことから幽霊の敏腕新聞記者から、黒髪のショートヘアーばかり狙う“タロットカード殺人事件”の犯人が青年貴族のピーターだと明かされます。
休暇中のサンドラと三流手品師のシドは、親子を装い彼に近づきます。

taro1.jpg

出会った場所はプール。シドの言うとおりに溺れてピーターに助けられるサンドラ。
もう真っ赤な水着のむっちりボディですよ(ノ ̄∀ ̄)ノオオォォ痩せている女性がもてはやされる昨今、彼女は貴重な存在です。さすがはスカ子様!
ピーターもそりゃ誘うわけですね、まんまと接近に大成功!
『むっちりボディ殺人事件』でもいいくらいに、この水着姿は迫力でした。

taro2.jpg

ピーターに会うたびに好きになってしまう・・・。途中からは、彼の無実の証明をするために探りを入れていたのではないでしょうか?
しかし、彼はロンドンから離れると言いながら町でサンドラとシドに見られてしまう。
彼は無実なのか、犯人なのか?揺れる恋心をうまくスカ子は演じています。

taro3.jpg

taro4.jpg

ストーリーの展開は読めてしまうのですが、ウディ・アレンはあまり気にしてないのでは?
洒落てて、会話がおもしろくて、それが彼独特の世界観であり、やはり脚本がいいんでしょうね、とても魅力的な人物像になっています。
彼の映画を一度も観たことのない方なら、この作品から観ても楽しめると思います。
ぜひ、ご賞味あれ!

たろ

テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  21:51  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.03.16 (Sun)

ブーイング覚悟で、デス・プルーフ。

「デス・プルーフ in グラインドハウス」

desu.jpg


監督: クエンティン・タランティーノ
脚本: クエンティン・タランティーノ

出演: カート・ラッセル (スタントマン・マイク )
ロザリオ・ドーソン (アバナシー)
ローズ・マッゴーワン (パム)
シドニー・ターミア・ポワチエ( ジャングル・ジュリア)
ゾーイ・ベル (ゾーイ)
クエンティン・タランティーノ (バーテンダー)

(あらすじ)

テキサスの田舎町。人気DJのジャングル・ジュリアは女友達と共にお気に入りのバーにくり出した。しかし、そこに不気味なシボレーを乗り回す男、スタントマン・マイクがやってくる。ジュリアたちはバーで会話をするうちに、彼への警戒心を緩めていくが…。その14ヶ月後、テネシーのとある町。映画撮影に携わっているキム、ゾーイたちは撮影の合間をぬって車の試乗をすることに。しかしそんな彼女たちにマイクが目をつけ…。

(感 想)

「絶対おもしろい!新作でも観る価値あり!」と言われ、早速借りた私。
音楽かっこいいし、ファッションもグー、女の子たちもイカシテル、でもね内容が・・・。
私には合わなかった、タラちゃんファンの皆様ごめんなさい( ̄人 ̄)
はっきり言って面白くない!(ちょっと勇気をふりしぼり)内容があまりないのがいいのかもしれないけれど、私はストーリー重視。
タラちゃんだからなんでもいいとは限らない!(かなり勇気をふりしぼり)
女の子たちのダラダラトークが自然でいいのかもしれない。でも、私は飽きてしまいました。

desu1.jpg

これが90分くらいに収まってくれればよかったかも・・・。(最近、短い映画がお好み)
1時間半したら、おすすめしてくれた人に電話して、「これっていつ面白くなるの?」聞いてる私はアホでしょうか?
確かに、一回目のスタントマン・マイクの暴走かつ女の子たちの死に様は迫力ありました(ノ ̄∀ ̄)ノしかし、「何故こんなことするの?」と素朴な疑問。。。性的興奮では満足できない体になったのね、と勝手な想像。

desu2.jpg

2回目の女の子たちも同様にスタントマン・マイクに目をつけられる。また同じ風に殺されるのかな?と思いきや違いましたね~。そこは私的にOKですよグー♪( ̄∀ ̄)b
でもそこまでが長く感じられ、残念無念・・・。私を満足させれなかったのね。

desu3.jpg

ゾーイ役の女の人本名も同じだし、他の子たちよりちょっとおばさん?と思っていたら本職もスタントマンでありました。タラちゃんが抜擢したようで、素晴らしい迫力シーン!
何が楽しいのかはよくわかりませんが、「よくやった!」と思いましたヽ( ̄∀ ̄)ノ

desu4.jpg

「なんだ、褒めてるじゃん」と思うそこの君!甘いなぁ。。。私にはドンと胸にくるものがなかったのです。(ブーイング?)
タラちゃんが製作総指揮している『ホステル』は面白かった。それは認める。
もしかして、全部タラちゃんが首を突っこんでるものがダメなのかもしれない。そうだ、きっとそうなんだ!と自分で納得したところで、終りにしたいと思います(σ∀σ)
もう一度謝ります・・・タラちゃんファンの方スマン!

テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  06:59  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.03.13 (Thu)

友達を考える、あるスキャンダルの覚え書き。

「あるスキャンダルの覚え書き」

aru.jpg

上映時間 92分
製作国 イギリス
初公開年月 2007/06/02
ジャンル ドラマ/サスペンス

監督: リチャード・エアー
原作: ゾーイ・ヘラー
『あるスキャンダルについての覚え書き』(ランダムハウス講談社)
脚本: パトリック・マーバー

出演:ジュディ・デンチ( バーバラ・コヴェット)
ケイト・ブランシェット (シーバ・ハート)
ビル・ナイ( リチャード・ハート)
アンドリュー・シンプソン (スディーヴン・コナリー)

(あらすじ)

ロンドン郊外の中学で歴史を教えるバーバラは、厳格で辛辣な性格から教え子だけでなく同僚からも疎まれ、孤立していた。そんなある日、若く美しい美術教師シーバが赴任してくる。「彼女こそ、私が待ち望んだ女性」と直感したバーバラは、彼女をこっそりと観察しては毎夜日記に“報告”していた。計画的にシーバに近付き、親しくなっていくバーバラ。だがそんなある日、シーバと15歳の教え子のセックス現場を目撃し…。

(感 想)

題名からしてあまり期待しなかったのですが、レンタル店で1枚だけ後は貸し出し中だったので思いきって借りてみました。
それがなかなか面白く、つい引き込まれてしまいましたよ( ̄∀ ̄)ノ 
ケイト・ブランシェットが輝くような金髪で、肌が白く、とてもキレイな人なんだと感じましたね。
これなら、15歳の男の子も夢中になるのも無理ないかな?と、犯罪ですけど。

aru1.jpg

恐ろしいのはジュディ・デンチ演じるバーバラ。シーバを友達と思い、日記にこと細かく書き満足している。しかし、15歳の生徒の関係を見てしまい怒りを感じるバーバラ。
「別れなさい」との忠告をしましたが、シーバは別れることはできませんでした。

aru2.jpg

弱みを握ったバーバラの間違った友情。シーバの子供が学芸会に出るところを、バーバラが可愛がってたペットが死んだので一緒にいてほしいといい、今日はダメだと言っても「友達でしょう」とつめよります。

aru3.jpg

そして、シーバと15歳の男子生徒の関係がばれます。それも、直接的ではないけれどバーバラからの仕業でした。
それを知らないシーバはマスコミから逃げるために、バーバラの家へ非難します。
しかし、バーバラが留守中に日記を見つけてしまい・・・。

友達とは時にして宝物、間違えば支配。いくらシーバが間違いをおこしていたとしても、助けるのが友達じゃないでしょうか?
二人の演技合戦はすばらしいものでしたが、友達について考えさせられるいい作品でした。

ある

テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  23:06  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2008.03.10 (Mon)

アレは大事にね!、ホステル2.

「ホステル2」

ほすてる

上映時間 94分
製作国 アメリカ
初公開年月 2007/09/08
ジャンル ホラー

監督: イーライ・ロス
製作: イーライ・ロス
マイク・フレイス
クリストファー・ブリッグス
製作総指揮: スコット・スピーゲル
ボアズ・イェーキン
クエンティン・タランティーノ
脚本: イーライ・ロス

出演: ローレン・ジャーマン (ベス)
ビジュー・フィリップス (ホイットニー)
ロジャー・バート( スチュアート)
リチャード・バージ (トッド)
ヴェラ・ヨルダノーヴァ (アクセル)
ヘザー・マタラッツォ( ローナ)

(あらすじ)

ローマに留学中のアメリカ人女子大生ベスとホイットニーは、ホームシックにかかっていたローナも連れて、ヨーロッパ旅行に出かける。美術の時間に出会った美しいモデルのアクセルに、天然スパがあると聞いた彼女たちは、急きょ行き先を変更してスロバキアへ。3人がチェックインしたのは街のホステル。だがそこは、恐るべき殺人ゲームの入り口だった。その日の夜、ベスたちは祭りに出かけるが、ローナはダンスに誘われたまま、姿を消してしまう…。

(感 想)

観ましたよ~、待ちに待った『ホステル2』!!!
最初の時、『ホステル』っておもしろそう♪( ̄∀ ̄)bと言ったら、「あまり良くないみたいだよ」と言われ封印してました( ̄人 ̄)
しかーし!そう言った奴が私より先に観て、「おもしろかった!」とぬかしやがった、チクショー!!!
祖先まで恨んでやる~、覚悟してよね。。。

で、最初のは男3人組が餌食になっていましたが、今度は女の子3人組。だいたい、誰が殺されるかは分かってしまうんだな。
絵のモデルをしていたアクセルという美女に誘われ、天然スパがあるスロバキアへ。
またあのホテルっすよ、前回の内容を思いだしちゃいますね~ヽ( ̄∀ ̄)ノ

ホステル1

のん気で糸の切れたタコように祭りで声をかけれた男についていくローナ。ゞ( ̄∀ ̄)オイオイ
いるんですよね、何人か集まると一人や二人個人行動おこす奴が!
お前絶対殺されるぞって思いながら観てましたもん。
ホイットニーも、「絶対、エッチしたいわん」状態で、男にからみついてます。
それを必死に正気へ戻そうとするベスが大変!映画観ていて、日本でリメイクするならベス役は私の好きな深津絵里がいいな~、黒髪だしな~と思いました。どう?

なんだかんだ言いながら、3人様は殺人ゲームへこんにちは。
ローナは裸で逆さずりで、観ているこちらがお恥ずかしい(*σσ*)裸か逆さずりどっちかにしたらと思いました。でもそれじゃ、お客様は納得しないのですね。
ホイットニーなんて、途中で止めれられちゃってかわいそう・・・一息で殺してあげて!

ほすてる2

そして、ベス。彼女は頭がいい!あの極限の中、初めてこのゲームに参加した男を説得するなんて(ノ ̄∀ ̄)ノオオォォ。でもね、そうはいかないのよ。この男、最悪!「俺は今までとは違うんだ」とか言って自分に目覚めちゃった。ベスも戦うぞ!
ご覧なっていない皆様のためにここまでにしておきますが、ここからちょっとおもしろい( ̄∀ ̄)ノ 
男の大事なアレをあんな風にしちゃうなんて・・・お気の毒( ̄人 ̄)

ほすてる4

今回は残酷シーンもさることながら、殺人ゲームをおこなっている組織の中身や獲物をオークションしているシーンも出ていました。そこらへんは最初にはなかったところですね。
とにかく、ベスが後半かっこよくてどんでん返しちゃいますから観てみて!

ほすてる3

テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  21:20  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2008.03.06 (Thu)

セシルの独り言、№3.

ここ数日間は精神的にやられて、ブログも見れない状態でした。
会社にはなんとか行っていましたが、帰ってくると布団にもぐり寝込む始末。
大好きな映画も観れなくて、また「死にたい」と言いながらうつ状態に入っていくのではないかと、悩みました。
しかし、今は復帰しパソコンに向かっています。

詳しくは書けませんが、私が今回ぶちあたったのはお金でした。
お金とは怖いもので人を変えてしまい、周りもを巻き込んでしまいます。
私も何度か苦しい目にあいまして、うつ病にかかった理由の一つでもあります。

金銭感覚はみなさん違いますが、私は甘かったのではないかと・・・いえ、家族全員がそうでした。
神様が試練を与えてくださったのかと思い、今は考えなおした私がいます。

仕事の面でも私は社会人として失格だと思います。
少し精神的に疲れると休んでいましたが、いつもあとで後悔してました。
私よりもっと辛い人がいるのに、自分は被害者意識で甘えていました。
毎日会社に行き、お金を稼ぐ、これは当たり前のことですが、私には足りなかったところがあると思います。

そんな私に手を差し伸べ、真剣に話を聞いてくれて、鋭いアドバイスをくれた人が身近にいました。
私は、その手をつかみ落ち込み状態から這い上がれました。とても感謝しています。
その人の為にも、社会人としてきちんとして、金銭感覚を養い、年にあった常識を備えたいと思います。

私のそううつ病は、まだ完璧に治っておらず薬に頼る毎日ですが、いつかは抜け出せると思い頑張っていきたいです。
今回、私には神様からちょっとした苦い薬をたらされたのですね。とても苦く辛かったですよ。
見ていてください!強くなりますから。。。

テーマ : ひとりごと ジャンル : 日記

EDIT  |  21:35  |  独り言  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT