2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.09.28 (Fri)

デミ姉御のラバー。

「バタフライ・エフェクト」

ba.jpg


上映時間 114分

製作国 アメリカ

初公開年月 2005/05/14

ジャンル サスペンス/SF/ドラマ

監督: エリック・ブレス
J・マッキー・グルーバー

脚本: エリック・ブレス
J・マッキー・グルーバー

出演: アシュトン・カッチャー (エヴァン)

エイミー・スマート     (ケイリー)
ウィリアム・リー・スコット (トミー)
エルデン・ヘンソン     (レニー)
メローラ・ウォルターズ   (アンドレア)
エリック・ストルツ     (ジョージ)

(あらすじ)

幼い頃から度々記憶を失っていたエヴァンは、治療のため日記をつけ始める。13歳の頃、エヴァンは幼なじみのケイリーたちと悪戯をして大事故をひき起こすが、その瞬間も彼の記憶は空白だった。やがてエヴァンは引っ越すことになり、虐待傾向のある父と乱暴な兄トミーと暮らすケイリーに、「迎えにくる」と伝え残す。時が経ち、大学生となったエヴァンは、記憶を失うこともなくなっていた。しかし、昔の日記を見つけた時から、エヴァンの意識に変化が起きる。

(感 想)

『バタフライ・エフェクト』とは、「小さな蝶が羽ばたくと、地球の裏側で竜巻が起こる」という、わずかな違いが後に大きな結果の差を生む理論ということで、バカな私にはあまりよくわからないのですが、内容も過去へ現在へ飛び回るのでついて行くのに大変でした(ノ ̄∀ ̄)ノオオォォ。
でも、そのわりには面白かったなぁと訳がわからない感想で申し訳ない。。。(ノ><)ノ ヒィ。
正直言って、感想を書く自信が恐ろしくないです!じゃ、書くなと言われそうですが無理やり書くもん( ̄∀ ̄*)ニヤり☆

最初の大きな事件で、主人公のエヴァン、乱暴者のトミー、その妹のケイリー、ふとっちょのレニーの人生が大きく変わることになるのですが、エヴァンはその時の記憶を無くしてしまうことに。

ba1.jpg


やがてエヴァンは母親と引っ越すことになり、その時ケイリーに「迎えに来る」と伝え残します。
しかし、時は経ち大学生になったエヴァンもその約束を忘れかけた頃、ふと古い日記を見ることに。
それから、違うタイプの過去現在を旅することになるのです。

ba4.jpg


出来事を全部書いたら、大変なことになってしまうので画像で観てない方は参考にどうぞ。順番覚えてないので、バラバラですが。

ba5.jpg


こんな時や・・・。

ba6.jpg


こんな感じ・・・。

ba7.jpg


そうそう!こういう時も・・・。

ba3.jpg


いろいろありました。って、わからないですよね?
これは観ていただいたほうが、書くより早いですよ。観たくなったでしょ?
お勧めしてくれた方が、「死んでも観て!」と言ってましたが、なんとか死なずに最後まで完走しましたグー♪( ̄∀ ̄)b

『きみを救うため、ぼくは何度でも過去に戻る。

それは、神にも許されない行為。』

なんてステキなエヴァン!役のアシュトン・カッチャー・・・って、あのアシュトン・カッチャー?・・・・・・・\(#><)/きゃー!
デミ・ムーア姉御の旦那?(恋人?)ですよね?まだ、破局してないですよね?『この映画がすごい』の雑誌では、別れたと書いてなかった。
「あの、ボディを抱けるんだぜ」って友達に自慢してたバカですか?(ファンの方ごめんね)
どうしよう。。。ちょっとかっこいいと思ってしまった((((( ̄∀ ̄;)クラッ
私の心はガエルくんだけなのにぃ(* ̄∀ ̄*)きゃ~♪

やっぱりうまく感想書けなかった、すみません(/∀\)。


スポンサーサイト
EDIT  |  23:55  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

■Re: デミ姉御のラバー。

こんにちは、こっちにもコメントしてしまいます。

昔アシュトン&デミの事、ハリウッドのルミ・ケンと書いたの
思い出しました。(ルミ・ケンは別れたけど)
この映画スゴイ内容でしたね~どんどん自分が不幸になって
いって。それも好きな子の為なんて泣かせるぜ~~

そうそうこれってエンディングが違うバージョンあるんですよ、
私はどっちも観てしまいましたが、オリジナルの方がラブ
ストーリーっぽくて、別のやつはサスペンスっぽくなっていて、
ショッキングな終わり方でしたよ。
海 |  2007.09.29(土) 00:54 |  URL |  【コメント編集】

■Re: デミ姉御のラバー。

海さん、こちらもコメントありがとです。

変わった内容の映画でしたね。映画化したのが素晴らしいです。自分が不幸になっても彼女を守るってホント泣かせます。

エンディング違うバージョンのがあるんですね。
観たかったです。
それにしても、アシュトン&デミ夫妻は目が離せませんね。
セシル |  2007.10.02(火) 22:48 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |