2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.09.27 (Thu)

魚座にどっぷりつかる私。

「魚座」

u.jpg


上映時間 100分

製作国 韓国

ジャンル ロマンス/ドラマ

監督: キム・ヒョンテ

脚本: キム・ヒョンテ

出演: イ・ミヨン (エリョン)

チェ・ウジェ   (ドンソク)
ユン・ジヘ    (ヒス)

(あらすじ)

"Sad Movie"というビデオショップを経営しているエリョン(イ・ミヨン)は、心の片隅に寂しさを感じている女性。彼女の唯一の友は、フランス映画と熱帯魚だ。そんな彼女の前に、客としてドンソク(チェ・ウジェ)が現れる。エリョンと同じくフランス映画が好きな彼は、作曲もしている無名の歌手。様々な話をするにつれ、彼に惹かれていったエリョンは、自分の誕生日にペア時計を買って、彼にプレゼントする。そしてドンソクは彼女のために歌を歌ってくれた・・・ 「彼も私を愛してくれている」と確信したエリョンは、ついに告白をする。しかし、彼には既に結婚を約束した女性ヒス(ユン・ジヘ)がおり、彼の返事は「友達以上にはなれない」というものだった。しかし、エリョンは既に後戻りできなくなっていた。彼を愛するあまり、ストーカーまがいの行為まで始めるエリョン。そんな彼女に対して、ドンソクの態度は徐々に冷たくなっていく。

(感 想)

ちょっとあらすじが長くなりましたが、こんな感じです。
なんとなく想像がついたお話でしたけど、わりと飽きずに観れました。
「私も、魚座なんです!」って始まりしたかったのですが、残念ながらホントに魚座の早生まれ☆~(σ。σ)♪うふ。
この主人公エリョンが魚座なわけではないと思うのですが、たぶん熱帯魚を飼っていたからでしょうね。

エリョンに対して、感情移入ができて「あぁ、わかるなぁ」と思うことがありましたよ。
彼氏がいなくて、周りのカップルを羨ましく感じたり、フランス映画に思いをはせたり、少し優しくされると「この人、私のこと好きなんだ!」って考えちゃったりって・・・そのまんま私じゃんゞ( ̄∀ ̄)オイオイ。
魚座って、ロマンチストだからさ~ぁ(* ̄∀ ̄*)きゃ~♪

u1.jpg


でも、この男ドンソクは思わせぶりな態度をとるのです。
「エリョンさんとは共通点が多いなぁ」と言ってみたり、部屋でエリョンがビデオ回収に訪れた時、偶然見つけた写真立ての女の人を「彼女ですか?」と聞いたら「今度そう思ってるか聞いてみるよ」とか、誕生日に自分の歌をプレゼントしたり・・・って誤解しちゃだめですかぁ((((( ̄∀ ̄;)
私はエリョンなの~?おしえて~!!

だんだんストーカーまがいになっていくエリョン。何度も電話をかけたり、新しいビデオが入ったとマンションに押しかけたり、彼の歌が入ったテープを勝手に売り込みに行ったり、押しかけるだけじゃなく勝手に部屋に入り掃除をしたり、挙句の果ては彼の彼女のヒスに別れをせまったり。
私も昔、恋多き頃引いてはダメだと思い何度も電話をかけて、相手にあきれられたり、別れ話の時に来るなというのに押しかけて泣きまくったり・・・
って、私もやっぱりエリョンなの~?誰か教えて~(涙)。。。

と、こんなステキ?な狂気の愛、女性にぜひ見て欲しいです。
あなたも、もしかしてエリョンかもよ?フッフッフッ(* ̄∀ ̄*)きゃ~♪


スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  21:17  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

■Re: 魚座にどっぷりつかる私。

セシルさん、こんにちは。

狂気の愛、興味深々です~魚座じゃないですけど。
しかも主人公に共感できそうな危険な思考を持って
いますので、これはレンタルでチェックしてきます。
実は好きな相手、待ち伏せした事や他にもいろいろありますので(^_^;)

セシルさんの所に来るとスルーしていた面白そうな映画が
紹介されているので参考にさせてもらってま~す (^_^)v
(来月NANA2をWOWOWで観る予定、観たらコメントしますね)
海 |  2007.09.28(金) 22:05 |  URL |  【コメント編集】

■Re: 魚座にどっぷりつかる私。

海さん、こんばんは。

人を好きになると、一歩間違うと大変な行動にうつるのですね。とても怖いけど、女として少しわかります。

わりと淡々とした物語で、主人公も一見そんなことしそうもない人なんですよ。狂気の愛は恐ろしいですね。

「NANA2」観たら、感想よろしくです。
マンガ喫茶で今日少し読んできましたよ。



セシル |  2007.10.02(火) 22:41 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |