2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.09.25 (Tue)

ヘタウマ演技合戦。

「NANA2」

n.jpg



製作国 日本

初公開年月 2006/12/09

ジャンル ドラマ/青春/音楽

監督: 大谷健太郎

原作: 矢沢あい 『NANA』(集英社「クッキー」連載)

脚本: 大谷健太郎

出演: 中島美嘉 (木崎ナナ)

市川由衣 (小松奈々)(ハチ)
玉山鉄二 (一ノ瀬巧)
姜暢雄  (本城蓮)
丸山智己 (高木泰士)
本郷奏多 (岡崎真一)
成宮寛貴 (寺島伸夫)
伊藤由奈 (芹澤レイラ)
水谷百輔 (藤枝直樹)

(あらすじ)

大崎ナナ(ナナ)と小松奈々(ハチ)は、東京での共同生活を楽しんでいた。ナナのバンドBLACK STONESは、プロデビューに向けて精力的に動き出し、ハチはナナの成功を心から願っていた。ある日、ハチはレンの所属するTRAPNESTのタクミと再会。二人は付き合うようになるが、タクミの冷たい態度にハチは、すぐに別れを決意。その後、BLACK STONESのノブに告白され、付き合い始めるが、ハチはタクミの子供を身ごもっていた……。

(感 想)

マンガでは読んでいませんでしたが、前回の映画は中島美嘉が好きなので映画館に足を運び観に行きました。
洋画に比べるとおとるのかもしれませんが、コンパクトに仕上がってなかなかおもしろかったです(σ∀σ)ニヤッ。
そして、『NANA2』」が上映される?!と聞いた私は、喜び「絶対観に行くぞ!」と張り切っていた私ですが、「配役が変わる?!ハチ役宮崎あおいちゃんじゃないの?蓮役が松田龍平じゃない?」と落胆しDVD化(それも7泊8日)待ちになりました((((( ̄∀ ̄;)クラッ。

n1.jpg


今回は、BLACK STONESのデビューに向けての話を主にもっていきたかったと思うのですが、どうしてもハチの話がクローズアップ。
「これって、主役は中島美嘉じゃなく市川由衣?」と思わせるほど、ナレーションも出番も多かったです。
彼女が苦手な私は「これが、あおいちゃんだったらな~」と何度も思いましたよ(σ ″σ)ムッ!

n6.jpg


ナナと蓮との仲はあまり進展がないのですが、パパラッチされてました。
問題はハチ公ですよ、まったく( ̄人 ̄)。
最初、TRAPNESTの巧と体の関係になりながら、連絡がとれない関係に嫌気がさしノブに告白されてから簡単に付き合ってしまうのですから、バカすぎる!で、巧の子供身ごもってしまうのですからどうしようもない!

n3.jpg


巧なんて、女たらしで何喋ってるかなんだかよくわからないし(演技力の問題?)、ボールドのCM出てるし(玉山鉄二ってたしかそうだねよね?)、
顔はいいけどハチ公とは釣り合わんぞヽ( ̄∀ ̄)ノあはは。
ノブは、純粋で何喋ってるかはっきりわかるし(演技力の問題)、ドラマ『オレンジデイズ』でセックスアピール感じたし(成宮くんて、演技の幅広い)、顔は良くておしゃれだぞグー♪( ̄∀ ̄)b
って、ただの好みの問題だったりしてね(笑)。

n4.jpg


このヤリマン(上品なお言葉で失礼!)ハチに、皆振り回されるんだけどこのキャラクターのせいか、いい子いい子するんだよね。
巧と結婚することになり、豪勢なマンションに引っ越したハチにプレゼントを渡そうと雨の中ナナが行くのだけれど、会えずにお揃いのコップは渡せず。。。

n5.jpg


歌も演技もヘタウマ感のある中島美嘉だけど、個性があるので私的にはえこひいき☆~(σ。σ)♪うふ。
市川由衣は、ちょっときついかなぁ。(ファンの方スマン!)あおいちゃんが前回でうまくこなしただけに、代役は大変だったかも。
BLACK STONESの曲でグレイのタクローが作曲・アレンジを担当した『一色』もイマイチ(ファンの方スマン!って、謝ってばかりじゃん)、前回のhyde作曲の方が好きだったなグー♪( ̄∀ ̄)b

なんだかんだ文句言って、130分楽しんでたセシルなのでした。
今度、マンガ読んでみようかな♪

スポンサーサイト

テーマ : DVD ジャンル : 映画

EDIT  |  21:44  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |