2017年03月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.08.02 (Thu)

短髪のお人形キッコさん。

「記憶の棘」

toge.jpg


上映時間 100分

製作国 アメリカ

初公開年月 2006/09/23

ジャンル ミステリー/ドラマ/ロマンス

監督: ジョナサン・グレイザー

脚本: ジョナサン・グレイザー
ジャン=クロード・カリエール
ミロ・アディカ
クラウス・ウェーリッシュ
出演: ニコール・キッドマン (アナ)

キャメロン・ブライト (ショーン少年)
ダニー・ヒューストン (ジョゼフ )
ローレン・バコール  (エレノア)
アリソン・エリオット (ローラ)
アーリス・ハワード  (ボブ)
アン・ヘッシュ    (クララ)
ピーター・ストーメア (クリフォード)
テッド・レヴィン   (コンテ)
カーラ・セイモア   (コンテ夫人)
ミロ・アディカ    (ジミー)

(あらすじ)

ニューヨークで家族と暮らすアナは、30代の未亡人。10年前に夫のショーンを心臓発作で亡くして以来、悲しみにくれていたが、最近になりようやく新しい恋人、ジョゼフのプロポーズを受ける決意がついた。ところが2人の婚約パーティーの夜、ひとりの少年がアナのもとを訪ねてくる。少年は「僕はショーン、君の夫だ」とアナに告げる。最初は信じていなかったアナだが、死んだ夫と自分しか知らない出来事を、ショーン少年が話し出すうち、疑いが生じ出す。「彼は本当に生まれかわりかもしれない」と。

(感 想)

髪をショートにしたお人形的キッコさん(ニコール・キッドマンのことです)。演技を評価する人もいらっしゃいますが、どうもうまいとは思えないのは私だけでしょうか?
下手というか、単調で面白みがないのです。日本で言うと、沢口靖子かな~。
『めぐりあう時間たち』で、アカデミー賞を取ってるだけだから、評価されてるのでしょうが、外人の下手・うまいはわかりません( ̄∀ ̄;)汗。

toge5.jpg


でも、10年も前に亡くなった夫を愛し続けているなんてステキですね(σ∀σ)ニヤッ。それを、知りながら待っていた恋人のジョセフも立派です。
まぁ、顔はあんまり好みではありませんが・・・なんか、クドイ感じがして受けつけません。というか、向こうも選ぶ権利がありますよねヽ( ̄∀ ̄)ノあはは。

toge1.jpg


「僕はショーン、君の夫だ」。突然、10才の子供に大人びた風に言われたら、誰だってイタズラだと思いますよね。
アナも、恋人も、家族もみんな信じませんでした。
しか~し、アナとショーンしか知らないことを彼は知っているのです。
公園での待ち合わせ場所、義弟の家のソファでセックスしたことゞ( ̄∀ ̄)オイオイ、などなど。

togr.jpg


アナは、ショーンに「どうやって、私を養っていくの?」と聞くと、「僕が働くよ」と。
「私の求めに応じられる?」と聞くと、「あぁ、わかるよ。君が始めての女性だ」と。10才にこんなこと言われたら、絶対なにかあるなぁと思うのですが、アナは「本当に彼の生まれ変わりかもしれない。」と信じ始めます。

toge3.jpg


とうとうアナは「2人で、どこかへ行きましょう。そして、あなたが大人になったら結婚しましょう」と、すっかり信じこんでしまいました。((((( ̄∀ ̄;)クラッ。
これは、びっくりじゃないですか!10才と、30代の愛の逃避行?
小柳ルミ子状態で恐いっす(* ̄∀ ̄*)きゃ~♪

でも、ショーンは「行かない」と・・・。これには、アナを悲しませる事情がありました。

全体的に、淡々としたつくりであきないで観ましたが、何か物足りない感じがしました。切ない感じがキッコさんからはあまり伝わってこないのですね。最初に書いたとおり、お人形さんみたいなんですよ。
ファンのみなさん、ごめんなさいね・・・・・・・\(#><)/きゃー!
嫌いなわけじゃなく、好みの問題だったりするし、キレイすぎるんじゃないかなぁ?がんばれ、キッコさん!
スポンサーサイト
EDIT  |  21:37  |  映画  |  TB(1)  |  CM(3)  |  Top↑

*Comment

セシルさん こんばんは!
髪を切って望んだキッコさんですけど,評判は芳しくないですね~
キッコさん作品は,好きな映画も多いのですが,同じくらいの確率で
イマイチなのもあったりしますね!どちらかと言うと脇に強力な
俳優を擁した作品が面白いと思ったりします。

小柳ルミ子ほどの年の差は失敗のもとかな(笑)
hiro |  2007.08.09(木) 22:41 |  URL |  【コメント編集】

■Re: 短髪のお人形キッコさん。

セシルさん、こんにちは。

ここでこの映画を知ってからとっても気になっていました。
ニコール映画はチェックしてたんですが、まさか映画祭で
問題作と言われていた「Birth」の邦題がこれだったなんて…。

なんだかアナがとっても可哀想でした。やっと新しい
人生を歩もうと思っていたのにまた過去に引き戻された
ようで。気持ちはとってもわかるんですよ、生まれ変わりを
信じたいって事は。
でも誰も幸せになれない映画でしたね。
海 |  2007.10.17(水) 00:05 |  URL |  【コメント編集】

■Re: 短髪のお人形キッコさん。

海さん、こんばんは。

映画祭で問題作って言われてた映画なんですね、知りませんでした。
確かに誰も幸せになれない内容でしたね。
私も、生まれ変わりを信じたいと思っています。
もし、私が死んでしまったら大好きだった人たちとはもう会えないのと思うと悲しくなります。
もっと、希望のもてる内容だったら良かったですね。
セシル |  2007.10.20(土) 21:59 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

めぐりあう時間たち

めぐりあう時間たち『めぐりあう時間たち』(\'\'The Hours\'\')は2002年のアメリカ映画。スティーブン・ダルドリー監督。マイケル・カニンガム原作。「ダロウェイ夫人」をモチーフに、作者であるヴァージニア・ウルフを始め、それにかかわる3人の女性を描くドラマ。アカデ...
2008/01/05(土) 07:28:44 | あやかの日記
 | BLOGTOP |