2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.07.13 (Fri)

心のビタミン剤。

「もしも昨日が選べたら CLICK」

20070714001149.jpg


上映時間 107分

製作国 アメリカ

初公開年月 2006/09/23

ジャンル コメディ/ドラマ/ファンタジー

監督: フランク・コラチ

製作: アダム・サンドラー
スティーヴ・コーレン
マーク・オキーフ
ジャック・ジャラプト
ニール・H・モリッツ

脚本: スティーヴ・コーレン
マーク・オキーフ
?
出演: アダム・サンドラー (マイケル・ニューマン)

ケイト・ベッキンセイル    (ドナ・ニューマン)
クリストファー・ウォーケン (モーティ)
デヴィッド・ハッセルホフ  (エイマー)
ヘンリー・ウィンクラー   (テッド・ニューマン)
ジュリー・カヴナー     (トゥルーディ・ニューマン)

(あらすじ)

建築士のマイケル・ニューマンは、美しい妻ドナと2人のかわいい子どもたちのためにと懸命に働く日々。いつしかそれは、仕事優先で大切な家族を顧みない生活となっていった。そんな時間に追われてばかりのマイケルは、煩わしいリモコン操作に嫌気がさし、どんな電化製品も一台で操れる“万能リモコン”を求めて街に出る。そして、怪しげな従業員モーティから、人生さえも早送りや巻き戻しできる不思議なリモコンを手に入れる。妻との口論を早送りしたり、犬の吠え声を小さくしたりと、人生を思い通りに操作し始めるマイケルだったが…。

(感 想)

とにかく、アダム・サンドラーのはじけっぷりが最高に良かったですグー♪( ̄∀ ̄)b
107分、飽きずに一気に観れましたよ。
ケイト・ベッキンセイルがまた綺麗なこと。ちょっと2人が夫婦って言うのは、不思議だなぁと思いました。でも、意外にこんなものかもしれませんね。

仕事、仕事でなかなか家庭を顧みない生活のマイケル。家族のためにと思っていても、伝わらない。

20070714001745.jpg


嫌気をさしたマイケルは、リモコン操作を面倒に感じ、万能リモコンを買いにある店へ。そこには、モーティという怪しげな人物がいて、人生を巻き戻し、早送りができるリモコンを渡される。

20070714002138.jpg


半信半疑のマイケルは、仕事中に吠える犬に向けてボリュームを下げると、消音。これはすごいと、妻のドナの小言を消音、面倒な食事会を早送り、自分の小さな頃に巻き戻しなど使いこなしていく。

20070714002620.jpg


日本人との商談もリモコンのおかげで、大成功!(日本人って何故かあまり、いい風に描かれませんよね)これで、昇進を確信したマイケル。
しか~し、そんなに甘くなかった。昇進はおあずけ((((( ̄∀ ̄;)クラッ。
それまで待てないマイケルは、昇進した1年後に早送り。

ここらへんから、リモコンが勝手に早送りになってしまい、未来は過酷。
すごいデブになっていたり、ドナが別の男性と再婚してたりと、踏んだり蹴ったり。。。(ノ><)ノ ヒィ。

マイケルは、仕事に追われてるのはダメだと悟り、結婚した息子に「家族は大切に」と言います。

『失くしたハッピーを、
探しに行こう。

人生なんて、自由に操れる。と、信じていた。』

人生は自由に操れないですね。未来をしってしまうと、良いことならいいですが、マイケルのような人生だったら落胆しちゃいます。(σ-σ)・・・。
コメディですが、なんか考えさせられる映画でしたね。
でも、疲れてる時にお勧めですよん(*σσ*)えへ♪実際、ダウンしてた私は元気をもらいました。
心のビタミン剤かも、って言いすぎかな?ぜひ、観てもらいたい1本です。

スポンサーサイト
EDIT  |  23:13  |  映画  |  TB(1)  |  CM(3)  |  Top↑

*Comment

セシルさん こんばんは~
これは,笑い有り,涙ありのナイスなストーリーで良い出来ですよね!
>ちょっと2人が夫婦って言うのは、不思議だなぁと思いました。
本当ですよね~ ケイト・ベッキンセイルにアダム・サンドラーは不釣合いでは(笑)
リモコンの早送りは最悪でしたね,人生の絶頂期を逃した感じで
これでは昇進しても意味が無いですよ
間違いなく元気になれる一本ですね~
hiro |  2007.07.14(土) 20:02 |  URL |  【コメント編集】

■やっと見ました

こんにちは、セシルさん。
以前一回手にとってやめた映画、セシルさんのブログで再び
興味がわいてきました。
なにしろアダム・サンドラーがどうも苦手で…。コメディ映画は
大好きなんですけどね。

コメディなのに私も考えさせられました、楽しい映画なのに
メッセージ性もある、とてもわかりやすい映画で面白かったです。
中でもショーン・アスティンの赤の海パンには衝撃をうけました ( ̄□ ̄;)

アダム&ケイト夫妻は日本で旬なお笑いと女優カップルのような
雰囲気でした。ケイト、キレイでしたわ (〃∇〃)
みー |  2007.07.20(金) 00:00 |  URL |  【コメント編集】

hiroさん、みーさん、コメントありがとうございました。
この映画、意外によかったですよね。コメディなのに、なんか考えさせられたり、こんな便利なものは、あっちゃいけないなと思ったりしました。
この夫婦、やはりミスマッチでしたよね。ケイト・ベッキンセイルが綺麗すぎ!
あまり興味なかった女優さんだったけど、また他の映画が観たくなりました。
セシル |  2007.07.20(金) 19:09 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

ウォーホル日記〈上〉 (文春文庫)

ポップアーティストの巨匠という枠組みに収まりきれない、アンディの素顔!率直な言葉で語られる口述日記はまさにたたみかけるかのよう。恋人からの電話を待ち、孤独が耐えられず泣きながら寝て、またパーティーへと繰り出す。往年のセレブたちも数々登場。ライザミネリ・ダ
2007/09/29(土) 03:09:26 | ひなたのblog
 | BLOGTOP |