2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.06.08 (Fri)

性癖に脱帽!

「アグネスと彼の兄弟」

20070608225247.jpg


上映時間 115分

製作国 ドイツ

ジャンル ドラマ

監督: オスカー・レーラー
脚本: オスカー・レーラー
 
出演: マーティン・ファイフェル
モーリッツ・ブライブトロイ
ヘルベルト・クナウプ
カーチャ・リーマン
トム・シリング
ヴァディム・グロウナ
マルギット・カルステンセン
マリー・ツィルケ

(あらすじ)

性転換して女性となり、いまはダンサーとして働いているアグネス、「緑の党」の政治家として成功を収めているが家庭が崩壊してしまっている長兄、異常な性欲に悩んでいる図書館員の次兄という三兄弟を主人公とし、現代ドイツの断面を鋭く描き出した衝撃的な傑作。

(感 想)

あまりにもマニアックな作品なために、画像があまりいいのが集めれず残念!(って、波田陽区かい?古い?)
ブログもあまり書かれていないので、観てる人がいるのかどうかも不安( ̄∀ ̄;)汗。

性転換したアグネスを中心に物語が進むのかと思いきや、意外に長兄と次兄の物語のほうが目立ったたりして。
最初は、「つまんなそうな映画だな~」と思っていましたが、3人の個性がバラバラでだんだんのめり込んでいきました(ノ ̄∀ ̄)ノオオォォ。

まずは、性転換したアグネス。確かに綺麗ですが、もちろん男だってわかりますし、男の人の身長よりも高めだから目立つ、目立つ。
普通の話ならば、「そんな恥ずかしい格好なんてするな!」なんて、ケンカが始まりそうですが、まったくなし!
「俺の可愛い弟」な~んて、言われちゃってますゞ( ̄∀ ̄)オイオイ。
同棲した男に捨てられ、女友達の部屋に身を寄せながら、ダンサーとして頑張っております。

20070608231008.jpg


20070608231118.jpg


そして、緑の党の政治家の長兄は家庭があまりうまくいっていません。
妻は、好きかってやって、寝場所も別。子供にはバカにされ、なんと電話しながら、うん○をしてるところをデジカメにとられちゃったりします(/∀\)イヤン!まぁ、トイレの外で紙ひいてするほうもするほうだと思いますが・・・。
この妻と、子供が気持ち悪いほど仲良しで、彼は不機嫌。
結局は、我慢できなくなった妻と子供は出て行ってしまいます。

20070608231743.jpg


最後に、私のお気に入りの次兄(* ̄∀ ̄*)きゃ~♪
顔かたちはあまりよろしくないです・・・でも、ドイツの人はこれが普通なのかしらん?
とにかく、セックス狂☆~(σ。σ)♪うふ。自分で、思いっきり認めちゃって、そんな人が集まるディッスカッションにも参加してます。
20070608234328.jpg


20070608235914.jpg


職業は司書ですが、ミニスカートを履いてる女の人(やけに目立ちました)に目がばかりいって、仕事はっきりいってしてません。

20070608234443.jpg


目が怪しく泳いでいるし、挙動不信。家では、エッチビデオばかり見て一人でやりまくり(* ̄∀ ̄*)きゃ~♪(って、変なこと書かせないでよ!)
挙句の果ては、女子トイレに自分で小さな穴を開けておき、それを普段ガムで隠しています。で、トイレにいきそうだと思った女の人をつけ、後から隣のトイレに入り、ガムをとり、おしっ○をしてるところを見て、また1人でやりまくり((((( ̄∀ ̄;)クラッ。(だから、また変なこと書かせないで!)
そこを、見つかってしまい職を失います。

その後は、ディスカッションで知り合った、アダルトビデオ専門の人のところに行き、いざデビュー!
最初は、うまくいきかけましたが、あることが気になり中断。そのあることとは、ネタバレするので書きませんが、誤解からうまれた悲しい出来事(σ-σ)。

とにかく、次兄の行動を観るだけでも、必見!
もう、彼の画像ばかりになってしまったじゃないですか~ゞ( ̄∀ ̄)オイオイ。
この3人、いい味出してますよ。ドイツ映画が大丈夫な人なら観ても損はないと思います( ̄∀ ̄*)ニヤり☆

しかし、私の観る映画って、性転換とかゲイとかが多くて「おい、この女おかしいんじゃないか?」って思われないかしらん。。。(ノ><)ノ 。
一応、私のマイフェィバリット映画は、ラッセ・ハルストレム監督の『マイライフ・アズ・ア・ドック』です。。。念のために。

スポンサーサイト
EDIT  |  23:08  |  映画  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

*Comment

セシルさん こんばんは!
ドイツ映画だったんですね~ マイナーな訳ですね!
タイトルからは,想像できないですけど
かなり際どいですよね(笑)
やはりゲイ映画にハズレなしは,不変みたいですね♪

次兄は,そうとうヤバそうです。完全に犯罪の領域に
入ってますしね~
フェイバリットという事で『マイライフ・アズ・ア・ドック』は,チェックしてみますね!
hiro |  2007.06.09(土) 01:12 |  URL |  【コメント編集】

■こんにちは

今回はドイツ映画なんですね…といっても思い浮かべる
のは「ベルリン天使の詩」ぐらいです。
セシルさんのブログ読むとわたしの知らない映画の世界が
広がってきます。
次兄の性癖見るだけでも面白そうですね~~

性転換、ゲイ…アルモドバル映画好きなので全然平気ですよ!
「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」、お~わたしも気に入ってます、
同監督の「ギルバート・グレイプ」もよかったです(^_^)v
じゅーりあ |  2007.06.09(土) 11:54 |  URL |  【コメント編集】

■こんにちは。

じゅーりあさん、コメントありがとうございます。
アルモドバル映画好きなら、この映画も大丈夫かもしれませんね(笑)。
『ギルバート・グレイプ』は、私も大好きな映画でもちろんジョニデもさることながら、可愛かった頃のディカプリオが・・・。
今は、ちょっとおっさん化してますね。
同じ監なら『ショコラ』や『サイダー・ハウス・ルール』も、お気に入りです。
感動作品も探しながら、マニアック映画の旅も続行です!
セシル |  2007.06.09(土) 13:42 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |