2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.06.03 (Sun)

ガエルくん、罪な男ね。

「キング 罪の王」

20070603022020.jpg


上映時間 105分

製作国 アメリカ

初公開年月 2006/11/18

ジャンル ドラマ

監督: ジェームズ・マーシュ

脚本: ジェームズ・マーシュ
ミロ・アディカ
 
出演: ガエル・ガルシア・ベルナル (エルビス・バルデレス)

ウィリアム・ハート (デビッド・サンダウ)
ペル・ジェームズ  (マレリー・サンダウ)
ローラ・ハリング  (トゥワイラ・サンダウ)
ポール・ダノ    (ポール・サンダウ)

(あらすじ)

海軍を除隊した21歳の青年エルビスは、一度も会ったことがない父親に会うため、テキサスの小さな町を訪れた。しかし招かざる客のエルビスは、父デビッドに拒絶される。デビッドは今では教会の牧師になり、妻と高校生の息子と娘がいる幸せな家庭を持っていたのだ。やがてエルビスは父の娘、つまり自分の妹である16歳のマレリーに接近し、関係を持つようになる。それは悲劇の始まりだった…。

(感 想)

やっと観ました、愛しのガエルくんのこの映画。
『天国の口、終りの楽園』で、私を夢中にさせた罪な男です(* ̄∀ ̄*)きゃ~♪
子犬みたいな可愛い顔しているので、日本人向けなタイプではないでしょうか?

海軍を除隊して、父親に会いにテキサスへ旅立ちます。
冒頭から、上半身の裸を見せられて((((( ̄∀ ̄;)クラッときてしまいました。小柄な体のわりには、ひきしまっていて、背中には小さなタトゥが彫ってあります。

20070603032126.jpg


やっと会えた神父のクソ親父に、過去を家族に知られたくない為にエルビスのことを拒否します。今の奥さんと会う前に関係があったのですね。
その時に、淡々と復讐をもくろんだのでしょう。ここが、ガエルくんの演技の上手さでしょうか?顔に出さないから、よけい怖いんですよね。
この父親、ウィリアム・ハートだったんですね~。髭があったからでしょうか、最後まで気づきませんでした(ノ ̄∀ ̄)ノオオォォ。

20070603032848.jpg


まず、狙ったのは16才のマレリー。ガエルくんは21才の役ですが、彼女
ペル・ジェームズ は本当は何才なのでしょう?
チラリと胸が見えるサービスシーンがありましたが、まだ発展途中なような気がしました。ロリコンには、たまらないでしょうね~。
最初は拒むものの、あの顔で、あの優しい言葉で来られたら誘惑されちゃいますよね。「僕に任せて」なんて言うから、つい「私も任せる」って言葉でちゃったじゃないですか、お恥ずかしい。
しかし、この2人やりまくりで、お姉さん心配しながら観てましたよ。

20070603033457.jpg


そこで、父親が引いたレールにのほほんと歩いてるようなボールが、2人の関係に気づき、エルビスの家をつきとめ「妹に近づくな」と訴えます。
なんと、エルビスは淡々と彼をナイフで刺してしまいます。
そして、また淡々と遺体を車に詰め込み、服を脱がせ、湖へと沈めます。
その時、彼は何を考えていたんでしょうか?あの表情からは、読み取れません(σ-σ)・・・。

ボールが消息をたって沈痛な家族。マレリーは心配しながらも、エルビスに溺れていきます。
そして、お姉さん(私)が心配したとおり妊娠。「避妊しなよ」と思いましたが、これがエルビスの復讐なんですね。
ふと、元モー娘。辻ちゃんも避妊しなかったのかな~なんて、頭をかすめました。
エルビスは異母兄妹と知りながらも「産んでほしい」なんて言うのが怖いですねぇ。
そして、「見せたい所がある」とマレリーをあの湖に連れて行きます。
ボールに、2人の関係を気づかれ、別れるのがイヤでやむなく刺してしまったと告白。これが、2人の秘密になります。

20070603034828.jpg


父親デビットは、ボールがいないのを埋めるかのように、エルビスを家に向かえいれます。これが、復讐の最後になるのと思いきや、まだ恐ろしいことがあるのです。ネタバレするので、書きませんが、「ここまでやるの?」というくらいの結末です。。。(ノ><)ノ ヒィ。
エルビスの怒りは、そうとうのものだったのでしょう。。。

20070603035346.jpg


ガエルくんの押さえた演技はファンとして、言うのではないですが、恐ろしかったです。残虐なシーンがなくても、ここまで怖さを出せるものかと感心しました。とても、いい映画だったと思います。お勧めですよん。

もう、東京では上映されてるとは思いますが、私の大好きなシャルロット・ゲンズブールとの共演の映画『恋愛睡眠のすすめ』が待ち遠しいです。
本格的な恋愛ものって、初めてじゃないかな?とても、楽しみにしてます。
でも、私の住む小さな町では上映されずDVD止まりかなぁ。
観たかた、感想お願いしまっす。
スポンサーサイト
EDIT  |  02:23  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

■Re: ガエルくん、罪な男ね。

こんにちは、セシルさん。

昨夜やっと観ましたよ、セシルさんの愛しのガエルくん。
確かに子犬のようって表現がピッタリです。
ドキドキなラブシーンもあり、セクシーさも兼ね備えて
いるんですねぇ。
そんなガエルくんの静かなる狂気が怖かったです。
結末も予想外でした。

てっきりマレリーの子供が生まれ、”罪の子”二世に
なってしまうんだと思ってました。
敬虔なクリスチャンだと堕胎は罪、みたいな考えが
あったような…うろ覚えですが…。
海 |  2007.11.22(木) 13:51 |  URL |  【コメント編集】

■Re: ガエルくん、罪な男ね。

海さん、こんばんは。

ガエルくんの映画、観てくれて感謝です!
確かに子犬のような風貌でしょ?お姉さんにはたまりませんよ~。
そんな可愛い顔して、怖いことしてしまうんですね~。
まぁ、映画の中だけですねけどね(笑)。

結末は私もびっくりしましたよ。なんとも救われないエンデイングでした。
復讐とは、悪くない者までも落としてしまうのですね。
セシル |  2007.11.22(木) 22:02 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |