2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.11.23 (Thu)

悪魔はどこにでも出没する。

「プラダを着た悪魔」

20061123215334.jpg


(あらすじ)

大学を卒業し、ジャーナリストをめざしてNYにやってきたアンディ(アン・ハサウェイ)。おしゃれにまったく興味のない彼女が就いた職業は、世界中の女性が憧れる一流ファッション誌『RUNWAY』のカリスマ編集長、ミランダ(メリル・ストリープ)のアシスタントだった。
自分のキャリアのため、ミランダが要求する悪魔的な注文にこたえて信頼を得ようと、アンディは私生活を犠牲にしてでも仕事に取り組むが・・・。

(感 想)

とにかく前評判が良くて、楽しみにしていた作品でした。見終わった後も、今年観た映画の、心のベストテンの上位にランクイン間違いなし!
最初から飛ばしてましたね~。田舎娘のアンディが面接に来ているのに、それを置き去りにミランダの出社にかまえる社員たち。ある彼女は化粧をなおし、ある彼女はぺたんこ靴からハイヒールに取り替える。会社中がまるで地震がおきたかのように大騒ぎ。そして、やってきましたミランダことメリル・ストリープ。アゴをツンとあげ、風をきるようにやってきます。
ん~、「私は、演技がうまいのよ」光線をふりまき、おしゃれな服をまとった彼女はめずらしく?はまり役!
そして、『ブロークバック・マウンテン』で脱いじゃったアンディこと、アン・ハサウェイ。ダサダサ服やバック、靴。と、言ってももっとダサイ人はたくさんいるぞーと思ったし、少し太っているという役どころですが、もっと太っている人はたくさんいるぞーとも思った。しかし、これはおおめに見て『ブリジット・ジョーンズの日記』に任せておけばいい。なかなかチャーミングに演じてたと思います。
とにかく、ミランダの注文はホント悪魔的。出張先で「明日どうしても子供のために帰りたいから、なんとかして」。悪天候で飛行機が飛ばないというのに・・・。それでも、アンディは必死に紛争します。しかし、結局は失敗。ミランダの信用を失い、愚痴を言うアンディに「彼女は自分の仕事をちゃんとしている。しかし、君は何もしないで愚痴ばかりだ」とナイジェルに喝をいれられます。アンディはめざめ、まずは見た目から勝負。すっかりおしゃれで綺麗に変身したアンディは、少しずつこつをつかみミランダを驚かせます。その時のミランダの表情が、「うまいな」と思わせますね。
しかし、仕事が順調になると彼氏との間に溝ができてしまいます。まぁ、よくあることかもしれないですね。男女が逆のほうが多いのかな?
そして、後半のパリ。前からいたアシスタントのエミリーは減量してパリ行きを楽しみにしていたのに、アンディが行くことになります。
目を輝かせて、車の窓からパリの夜を見るアンディの表情が印象的。
もともと目が大きいから、目の演技には最高かもしれませんね。
アンディはここの地で、大きな決断をし、自分の生きかたを見出します。
素晴らしい選択だったと思います。観ていて、「私もがんばらなくちゃ!」と思いましたね。さすが、ビタミン・ムービーと言われるだけあります。
挿入歌にはU2やジャミロクワイ、マドンナなどの有名どころが揃っていて、ポップな雰囲気でいい感じです。
この作品、意外や意外モデルがあるんですね。アメリカ版‘ヴォーグ’の名物編集長アナ・ウィンナーの元アシスタントが書いた原作らしいです。
ん~、ホントに悪魔はいたのね。
個人的な話になりますが、私の会社にも女社長がおりまして、結構悪魔的なことを言うことがあります。いきなり、頼みごとされるものですからドキドキものです。私も、そろそろ本でも書いてみようかな?
スポンサーサイト

テーマ : 映画★★★★★レビュー ジャンル : 映画

EDIT  |  23:16  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |