2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.11.14 (Tue)

神様のいたずら。

「ブロークバック・マウンテン」

brokeback-mountain-3s.jpg


(あらすじ)

1963年、ワイオミング州ブロークバック・マウンテン。農場に季節労働者として雇われたイニス(ヒース・レジャー)とジャック(ジェイク・ギレンホール)はともに20歳の青年。対照的な性格だったが、キャンプをしながらの羊の放牧管理という過酷な労働の中、いつしか精神的にも肉体的にも強い絆で結ばれていく。やがて山を下りたふたりは、何の約束もないまま別れを迎える。イニスは婚約者のアルマと結婚、一方のジャックは定職に就かずロデオ生活を送っていた……。

(感 想)

とても観たいと思っていた映画でした。ゲイものはけっこう好きなんですよ。レズよりはいいような気がするのは、私だけでしょうか?
たぶん、自分が女だから考えられないんでしょうね。
季節労働者として雇われたイニスとジャック。最初、見た時「本当にこの2人がゲイになりきれるのか?」と言う感想を受けました。なんとなく顔つきが普通なんですよね。まぁ、もともとは男が好き!と言う2人じゃない役どころだから、これは成功と言っていいだろうと見ているうちに思いましたね。
最初はぎこちない2人も、してしまえば(下品?)楽しそうでした。
ずっと一緒にいると、こういう関係になってしまうのでしょうか?
ん~、私には同性を愛するってことはできないかなぁ。だって、異性でも大変ですもの危ない橋を渡りたくない!
2人は、別れそれぞれの道を歩き、どちらとも結婚し子供を持ちます。
4年後、再会し、むさぼるように抱き合い、そしてキスをし、2人の愛を確かめます。それをイニスの奥さんが見てしまいますが、これはショックでしょうね。彼女の苦悩を知らずに「釣りに行く」と言い、イニスはジャックと何日間か家を空けます。
見ているうちに、「あぁ、この2人は男女よりも強い絆で結ばれているんだ」と思ってきました。この年代では、同性愛を貫くのは勇気がいることでしょうね。「2人で牧場を持とう!」しかし、男2人では冷たい目で見られるはず。イニスは離婚しますが、子供の養育費を払わなくてはならないため、仕事を休むことができません。なかなか、会えないことに我慢できないジャックがイニスを責めます。そうです、同性愛も男女の恋愛もなんの変わりもありません。ただ、神様がちょっといたずらしただけです。
ラストはあっけない終わりかたで、少しびっくりもし悲しくなりました。
全体的に、いい映画だったと思うのでアカデミー賞の作品賞あたりとって欲しかったですね。ただ、テーマがテーマだけに保守的なアカデミー賞には向かなかったのでしょうか?
美しいブロークバック・マウンテン。素晴らしい羊たちの群れ。丁寧に書かれた脚本。134分とは思えない俳優たちの演技のうまさ。
ジャックの奥さん役に、アン・ハサウェイが出ていました。ん~、顔がめちゃくちゃ濃いですねぇ。無意味に胸を出していましたが、わりと巨乳だったたかも。ほんの一瞬ですね。「プラダを着た悪魔」に出ているので、こちらもチェックしたいと思います。


スポンサーサイト

テーマ : DVD ジャンル : 映画

EDIT  |  22:38  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |