2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.10.25 (Wed)

欲望の運だめし。

「マッチポイント」

1000431_01.jpg


(あらすじ)

野心家の元プレーヤー、クリス(ジョナサン・リース・マイヤーズ)は大金持ちのトム(マシュー・グード)と親しくなり、やがて彼女の妹(エミリー・モーティマー)と結婚する。夢に描いていた上流階級の生活を手に入れたクリスだったが、トムの婚約者、ノラ(スカーレット・ヨハンソン)にどうしよもなく惹かれてしまい、関係を持ってしまう。野望と愛欲のあいだでゆれ動くクリスの運はどっちに転ぶのか。

(感 想)

待っていました大好きなウディ・アレンの監督作品!この田舎町でやっと観ることができました。ひどい時は映画館に作品がこない時がありますから、いやになってしまう。たまに?な内容の時もあるけれど、それも含めて偉大なる監督を愛しています!
今回は‘’をテーマに物語が進んでいきます。トムとの出会いで運をつかんだクリス、彼の妹に一目ぼれされ上流階級に仲間入り・・・しかし、出てきましたノラことセクシー女優スカ子。卓球台での登場シーンで官能さを炸裂。なんと、この作品を撮った時は彼女まだ19才だったんですね~。恐るべしスカ子。さて彼女に骨抜きにされたクリスこと、ジョナサン・リース・マイヤーズ。観てる時には気づかなかったのですが、ユアン・マクレガーと「ベルベット・ゴールドマイン」に出演してましたね。やけに目が細い人だと思っていました。
印象に残るクリスとノラの初ラブシーンは、外の上にどしゃぶりの雨。二人とも性欲丸出しで、ジョナサンはスカ子の唇を噛み切ってしまったそうです。う~ん、あの罪な唇には勝てないだろうなぁ。
しかし、トムはノラを振り他の女と結婚する。のりかえた女は全然魅力的ではないんですよ。外国では、美人の中に入るのかもしれませんが、まぁ顔だけではありませんからね。クリスとクロエも結婚しますが、ノラとの情事に熱が入る、入る。ノラの服を破ってまで激しいラブシーン。スカ子の体つきがまたエロでいいんですよ。これ観たさに来ていた男性諸君もいたのだはないでしょうか?(笑)
さて、不妊治療に悩むクロエに対し、ノラは妊娠してしまいます。この時の男の人のうろたえ方って、日本人も外国人もおどおどして同じですね。
もともと激しいノラは、もっと激しくクリスにぶつかりクロエと別れるよう訴えます。そして、クリスのとった行動は?運は?それは、投げ捨てられた指輪にたくされます。
終盤はあっ!と驚かされました。さすがウディ・アレンやってくれます。ラストは、運が良かったのか、悪かったのか、私たちに問い掛けているような感じがしました。一見、良かったと感じるのですが、クリスの最後の表情は微妙な色を出していました。これは、私たち作品を観たものがいろんな解釈をすれば良いのではないかと思います。本当にいい作品だったと感じ、一人満足してました。
ウディ・アレンを嫌いな人ってけっこういると思います。確かにクセのある監督、脚本家、俳優だと思います。今回はオペラを観るシーンが何回かあったので、作品中でもオペラの音楽はふんだんに使われています。
彼は、映画のためにわざわざ曲を作りません。日常にそんな音楽が流れていないからです。こういうこだわりが好き、嫌いを分ける原因でもあるかもしれませんね。
さて、スカ子とは(スカーレット・ヨハンソンのファンの方、ずっとこの呼び名でごめんなさい!)一作品ではもったいないと、半年後に「SCOOP」というコメディでウディ・アレンと共演してるそうです。楽しみですね。期待してますよ!
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 ジャンル : 映画

EDIT  |  23:29  |  映画  |  TB(1)  |  CM(3)  |  Top↑

*Comment

■面白かったですよね

セシルさん☆
こんばんわ♪
この映画、見応えありましたよね。
最後、「え!そうなの?」と、ちょっと驚かされますね。
私は、満足度高めの映画だったんですけど、後味悪いな~と思ってしまいました。
TBさせていただきますね。
meme |  2006.11.02(木) 20:48 |  URL |  【コメント編集】

■スカ子に釘づけ

セシルさん、こんばんは。スカ子の唇にやられてしまいました。
ウディ、最近また観始めました、でもまだ1/3ぐらい
かな、鑑賞したのは。
ラストでの彼の運がよかったのか悪かったのかの解釈が人
それぞれっていうのも面白かったですね。私は運はよかったけど
未来は暗いぞ、って思いました。
ウディ映画なのにジャズじゃなくオペラというのもストーリーに重みが
あってよかったです。
みー |  2007.06.28(木) 22:31 |  URL |  【コメント編集】

■コメント、ありがとう!

スカ子の唇にやられましたか~。セクシーな女優№1に選ばれるぐらいですからね。
あれで、まだ若いから末恐ろしいです。

ウディ・アレンの映画はいいですよね。私もかなり観てるほうですが、DVDになっていない前の作品などは観ていなくて。前は、1人で『ウディ・アレン特集』してまたよ。

この作品は彼の映画の中でも、いい出来だなと偉そうに私は思います。
運がいいのか、悪いのか、観た人にゆだねるのがおもしろいところですね。
セシル |  2007.06.29(金) 19:19 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

マッチポイント

「勝敗は運命が決める。人生はコントロールできない。」なんとも後味の悪い映画でした。私が昔好きだった英国俳優ジョナサン・リース・マイヤーズ主演の映画です。なんだか、ジョナサン年とったな・・・。な~
2006/11/02(木) 20:49:50 | いんどあな日記
 | BLOGTOP |