2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.10.02 (Mon)

壮大なおとぎ話。

「レディ・イン・ザ・ウォーター」

ladyinthewater1.jpg


(あらすじ)

ごく普通のアパートの管理人クリーブランド・ヒープ(ポール・ジアマッティ)は、廊下の掃除や電球の交換をするだけの単調な毎日を送っていた。ところがある晩、彼の前にストーリー(ブライス・ダラス・ハワード)と名乗る謎めいた女性が姿を現わす。クリーブランドは彼女がおとぎ話に登場する精霊(ニンフ)のような存在であることを突き止める。彼女は恐ろしい怪物に追われ、自分の世界に戻れずに、中庭のプールに身を潜めていたのだった。クリーブランドはアパートの住人たちと協力し、彼女を元の世界へ戻してあげようと奔走するのだが…。

(感 想)

観てきました、10月1日『映画の日』。実はこの作品ではなく、大人のラヴ・ストーリーの「イルマ―レ」を観るつもりだったのです。そうです、キアヌ・リーブスとサンドラ・ブロック(スピードな二人)の映画です。
しかし、観れる時間が変更になっていて急遽この作品を選びました。
「シックス・センス」を監督した方ならと思い、少し期待に胸膨らませてました。が、胸膨らませすぎた?のか始まりと同時に息が苦しくなり館外へ。
だから、最初の少しはたぶんあのストーリーを見つけたところだと思うのだけれど、観ていませんでした。さてさて館内に戻り、席につきました。
ん~、良さがさっぱりわかりませんでした。いわゆるおとぎ話なんですね。
クリーブランドがアパートの住民たちを巻き込み“水の精”のストーリーを元の世界へ戻そうとそうとする。しかし謎の獣がじゃまをし、なかなかうまくいかない。この、獣もどうかと思い笑ってしまったんですけどね。
もともと、シャマラン監督が子供が寝る前に聞かせて作ったおとぎ話からできたお話だそうです。子供に聞かせてるだけでよかったと思うんですけど、これ辛口ですか?「シックス・センス」を観てしまっていたから、期待しすぎてましたね。びっくりしたのは、ポール・ジアマッティはあのジョニー・デップより年下らしいのです。神様は不公平ですね。同じねんど細工はできないんですね。この中で唯一褒めるとしたら、ストーリー役のブライス・ダラス・ハワードの神秘的なところでしょうか。人間ではなく人形的な血のかよってなそうな感じが個人的には好きでした。
知ってる人も多いと思いますが、シャマラン監督の頭につくMなマノジだそうです。では、マノジさん次回作はがんばれ!
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 ジャンル : 映画

EDIT  |  22:20  |  映画  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

*Comment

■そうそう

 セシルさん こんばんは★
最初の数分は、ストーリーとの出会いですね。
それにしてもストーリーとかクリーブランドなんて名前は、おとぎ話ベースなのでわざと変な
名前を付けたのでしょうか。

もう少し現実的なストーリーがいいです(笑)
hiro |  2006.10.04(水) 00:59 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |