2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.05.22 (Mon)

ウディと私。

「メリンダとメリンダ」

20060522192925.jpg


舞台はお決まりのニューヨーク。不倫の末に医者の夫と別れ、親権も奪われてこの街にやってきたワケあり美人のメリンダ。ある日、ローレルとその夫であるリーが、プロデューサーのご機嫌取りに開いたホーム・パーティーに友人のメリンダが押しかけてくる。彼女の普通じゃない様子にみんな心配になる。一方、喜劇バージョンは、映画監督スーザンとその夫で失業中のボビーが開いたパーティーに同じように飛び込んでくる。さて、彼女の悲劇と喜劇の行方はいかに。

待っていました、ウディ・アレンの作品。私が住む小さな街にはなかなか映画館に彼の作品は上映されません。なのでDVDになるのを待つはめに。ドキドキしながら見始めましたが、あららやってしまったなウディ・アレン。はっきり言って、私にはよくわからない。二つのバージョンをたくみに交互させてるのはすごいと思うが、ついていけなかった。私が悪いのか、彼が悪いのか?あの大御所ウディ・アレンと肩を並べようとは大胆な私。でも、彼の大ファンなので許して下さい。「さよなら、さよならハリウッド」がよかっただけに、残念である。やはりあの神経痛で病院とお友達の彼が画面に出たほうがよいのか?主演は「ネバーランド」に出ていたラダ・ミッチェル。共演は「ドック・ヴィル」「ブラウン・バニー」に出ていたクロエ・セヴィニー。彼女はいいですね。暗めの顔とおしゃれさがなじんだ独特な存在感があります。まずは、ウディ・アレン、次回作頼んだよ!

スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  20:10  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |