2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.04.23 (Wed)

美しき吸血鬼、クロコダイルの涙。

「クロコダイルの涙」

くろ

上映時間 95分
製作国 イギリス
初公開年月 2000/11/18
ジャンル ドラマ/サスペンス

監督: レオン・ポーチ
脚本: ポール・ホフマン

出演: ジュード・ロウ
エリナ・レーヴェンソン
ティモシー・スポール
ケリー・フォックス
ジャック・ダヴェンポート
コリン・サーモン
トム・ウー

(あらすじ)

美貌の青年医師スティーヴンは、自分を愛してくれる女性の血を吸わなければ死んでしまう男だった。次々と女を誘惑してはその首筋に食らいつき完全犯罪を重ねていた。新たな獲物アンと付き合い始めたスティーヴンであったが、彼女を本気で愛してしまい、彼女の血を吸うことにためらいを感じ始めていた。一方、警察ではスティーヴンの恋人たちが不慮の死を遂げていたことから、彼に疑いを抱いていた。アンの血を吸いかねているうち、彼の身体には限界が迫っていた……。

(感 想)

この映画はけっこう古い作品なんですね。(撮ったのは10年前くらい)
内容はわりと単純な気がしましたが、ジュード・ロウの若かりし頃を観れてよかったなと思いましたよ♪( ̄∀ ̄)b
その頃から頭の生え際は気になりましたが、いい男はいい男ですね~。
でも、今の年を重ねた彼もいい感じだと思います。
前はあまり興味なかった彼ですが、『ホリディ』あたりで「おっ!いいじゃないの!」って少しファンになりましたヽ( ̄∀ ̄)ノ

くろ1

愛してくれる人の血を吸わないと死んでしまうなんて、なんてロマンチック!
とは言え、吸われた方はありがた迷惑。でも、吸う姿もお美しい(*^д^*)って、すっかりファンじゃない!
ジュード・ロウの映画、2,3本観ているはずなのに、気づかなかったなんてガエルくんに愛を注ぎこみすぎました。愛は平等に( ̄∀ ̄*)

くろ2

アンを演じたエリナ・レーヴェンゾーンという女優さんは、初めてお見かけするのですが女優という感じのしない透明感のある女優さんですね。
イギリスの女優さんでしょうか、アメリカの肉感的な女優さんと比べたら私好み方でした。
役柄は、か細い体で男勝りに仕事をし、スティーヴンじゃなくても惚れちゃうのでは?と感じましたね(σ∀σ)
彼女を本気で愛してしまい、血を吸いそこねて弱っていくスティーヴンの姿が悲しいです。。。
人間としての吸血鬼だからこそ、悲しさが倍増されてるのでは?

くろ3

ジュード・ロウの美しさを再確認した今、「ジュード・ロウ祭り」を密かにやろうと検討中。
ただ、彼の出ている映画を観るだけですけどね(*⌒д⌒*)
好きな俳優が増えた喜びを、お母さんに伝えたいです。

kuro.jpg

スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  06:16  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

■セシルさん こんばんは~

愛してくれる人の血を吸わないと
生きられないのは,哀しいですね~
コップ1杯分とか,彼女は手付かずにして
他を漁るなんてのは,あるはずないですよね!

祭りですか♪
僕もジュード・ロウで1本気になるのがあるので
狙ってみます。
hiro |  2008.04.23(水) 23:44 |  URL |  【コメント編集】

hiroさん、こんばんは。

彼は彼女のことを本気で愛してしまい、哀しい結末でした。
他を漁るなんて無理だったのでしょう。

ジュード・ロウ祭り、参加します?
けっこうありそうなので楽しみがまた増えました♪
セシル |  2008.04.24(木) 21:22 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |