2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.02.27 (Wed)

毛もじゃ男、ユニコーン・キラー。

「ナオミ・ワッツ ユニコーン・キラー」

naomiyo.jpg


上映時間 98分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場未公開・スターチャンネルで放映
ジャンル サスペンス/ミステリー

監督: ウィリアム・A・グレアム
原作: スティーヴン・レヴィ
脚本: ブルース・グレアム

出演: ケヴィン・アンダーソン (アイラ・アインホーン)
トム・スケリット (フレッド・マダックス)
ナオミ・ワッツ (ホリー・マダックス)
ブライアン・カーウィン (ソール・ラピドゥス)
ミミ・カジク (バーバラ・ブロンフマン)
グレゴリー・イッツェン (アーレン・スペクター)

(あらすじ)

ヒッピーの教祖アイラ・アインホーンは喫茶店で見かけた美女ホリーと恋に落ちるが、二人の愛は長くは続かずホリーは別れを決意する。そしてアイラはホリーを殺害し海外へ逃亡する…。実話に基づいて作られたクライム・サスペンス。

(感 想)

実話に基づいてつくられた作品なので、ネタバレでご勘弁を( ̄∀ ̄)ノ 
アイラという毛もじゃ男が、ヒッピーの教祖なんて笑っちゃいますね。
太っていて、服の着方もだらしない。しかし、女と寝てるシーンがよく出てきます。

そんなアイラに一目惚れされたホリー、彼女もまた彼を愛し始めます。
最初のうちは優しくて良かったのですが、だんだん本性を現します。

集まりに行かないとホリーが言うと怒鳴り、その集まりで恥をかかされたり、浮気も盛ん。
ガマンできなくなったホリーは別れを告げ実家に帰りますが、電話と手紙攻撃でまた元サヤに。

そしてまた態度が豹変して、ホリーはホントに別れを告げ集まりで出会った男とやりなおそうと決意して、家をでることに。

荷物だけ取りにアイラの家へ戻ったホリーの消息はそこで途絶えます。
もうここで、殺したな!とわかるのですが、まわりがいくら訴えても警察は証拠もなしに家には入れないと。

証拠集めをして、家に入ると鍵がかかった箱の中から死体が・・・。
それでもアイラは「誰かが私をはめる為にやったんだ」とぬかしやがる毛もじゃ男ゞ( ̄∀ ̄)

自分は町の人気者だし、頭がいいと言うアイラ・・・むなしいですね。
結局は新しい女と海外へ逃亡し、それでも警察に見つかりそうになるとまた転々とする。付き合う女も女ですね( ̄人 ̄)

実話を元にしたと言うことで、ホリーの家族が一生懸命探してる姿が悲しいです。父親、母親を亡くしホリーの姉妹たちが後を継ぎ頑張りました。

頭を何度も殴り、まだ生きているのに箱に閉じ込められたホリー。
まだこれからの人生があったのに、毛もじゃ男にシャッターを下ろされてしまった。せめて生まれ変わりは、アイラに出会わないように幸せな人生にしてあげたいです。


スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  23:06  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |