2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.02.23 (Sat)

集う者たち、ギャザリング。

「ギャザリング」

20080223130041.jpg



上映時間 101分
製作国 イギリス
初公開年月 2004/02/28
ジャンル サスペンス/ホラー

監督: ブライアン・ギルバート

脚本: アンソニー・ホロヴィッツ

出演: クリスティナ・リッチ(キャシー)
ヨアン・グリフィズ (ダン)
ケリー・フォックス (マリオン)
ブレア・プラント (ベルナール神父)
ブリジット・ターナー (グローブス夫人)
スティーヴン・ディレイン (サイモン)
ロバート・ハーディ (司教)
ジェシカ・マン (エマ)
サイモン・ラッセル・ビール (ルーク司祭)
ハリー・フォレスター (マイケル)

(あらすじ)

イギリスのグラストンベリーで、埋められていた古い教会が発見される。通常とは逆に教会に背を向けたキリスト、壁に掘られた幾つもの顔─美術専門家のサイモンはこの風変わりな教会を調査し始めた。一方、サイモンの妻マリオンは、キャシーという女性を車でひいてしまう。責任を感じたマリオンは、記憶喪失に陥った彼女を一時引き取ることにする。キャシーは彼らの2人の子供とすぐに打ち解け楽しく過ごすが、次々と恐ろしい幻覚に襲われ…。

(感 想)

大好きなクリスティーナ・リッチ主演、サスペンス・ホラーでかなり期待度高し!だったのですが、ん~って唸る感じでした。
私の頭が悪いのかあまり、ピンとこなかったのですがクリスティーナ・リッチが可愛くて許せちゃうのですね。
とても痩せていて、でも胸が大きいとは女としてうらやましい(σ∀σ)。

内容は埋められていた教会が見つかり、それも教会とは背を向けたキリスト、壁には何人かの顔が刻み込まれていて、それを美術専門家のサイモンが調査をすることになる。

そしてその妻のマリオンは、女の子キャシーを車でひいてしまい軽症だが自分の名前しかわからない記憶喪失の彼女を家に泊めることにします。
二人の子供たちはすぐにキャシーになつき、食事の用意や学校の送り迎えをしました。

そんなキャシーは幻覚に襲われ、外出先で異様な視線を感じたりで悩まされます。幻覚は予知夢なのか?あの視線を感じる人たちは何者?

20080223132948.jpg


ホラーにしてはあまり怖いとこもなく、消化不良的であります。
壁画の秘密がとけたところは「お!なるほど」と言う感じでしたが・・・。
面白くないとは言いませんが、せっかくクリスティーナ・リッチを起用したのにもっとなんとかならないですかぁ?と思いました。
でも、彼女はいろんな作品に出ていてちゃんと役をこなす女優さんだと思います。ファンの方なら、彼女を目で追うだけでもいいかもしれませんねグー♪( ̄∀ ̄)b
スポンサーサイト
EDIT  |  13:22  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

■こんにちは!

確かに、ホラー映画っぽくはないですよね~
でも、この淡々とした感じもけっこう好きだったりします。
というか、私はヨアン・グリフィズ目当てでした(笑)
ちえこ |  2008.02.24(日) 15:50 |  URL |  【コメント編集】

■こんばんは。

ヨアン・グリフィズ目当てでしたか?と言われても勉強不足で知らなかったです。ごめんなさい。まだまだ修行が足りないな(笑)。

壁画のところなんかは、おもしろいと思いましたよ。淡々としてるのもいいのかもしれませんね。
 |  2008.02.27(水) 20:17 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |