2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.02.07 (Thu)

おいしいミートパイ、スウィーニー・トッド。

「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」

sui.jpg


上映時間 117分

製作国 アメリカ

初公開年月 2008/01/19

ジャンル サスペンス/犯罪/ミュージカル

監督: ティム・バートン

脚本: ジョン・ローガン

出演: ジョニー・デップ (スウィーニー・トッド)

ヘレナ・ボナム=カーター (ミセス・ラベット)
アラン・リックマン (ターピン判事)
ティモシー・スポール (バムフォード)
サシャ・バロン・コーエン (ピレリ)

(あらすじ)

19世紀、ロンドン。フリート街で理髪店を営むベンジャミン・バーカーは愛する妻と娘と共に幸せに暮らしていた。しかし、美しい妻に恋をしたターピン判事の陰謀で、バーカーは無実の罪を着せられ、投獄されてしまう。15年後、妻と娘を奪われたバーカーはスウィーニー・トッドと名前を変え、フリート街に戻って来た。理髪店を構え、パイ店の店主、ミセス・ラペットの協力を得て、ターピン判事への復讐を始める。

(感 想)

やっと観てきましたこの映画、かなりワクワクしてました。
『パイレーツ~』のジョニデに魅力を感じなかった私、こちらの彼の方が断然よろしい!
ミュージュカル場面は少し睡魔に襲われましたが、ジョニデとヘレナ・ボナム=カーターの歌の評価は高いです♪( ̄∀ ̄)b
まぁ、プロから観たらそうでもないのかもしれませんが、十分であります。

sui1.jpg


愛しい妻と娘をターピン判事に奪われ、その悔しさを胸に理髪師を再開するスウィーニー・トッド、はっきり言って顔やヘアースタイルが恐いです。
でも、それでいいのです!彼はこれからミセス・ラベットとスゴイことするのですから(ノ ̄∀ ̄)ノ

sui5.jpg


妻は死んだと聞かされ、娘はターピン判事に幽閉されている。
それも、彼は娘と結婚しようと考えてるのですから、「あぁ、気持ち悪い、ウエッ」って感じです。
早く救ってあげて~!ターピン判事を首チョンパにしておくれ~!

sui3.jpg


スウィーニー・トッドはミセス・ラベットと手を組み、2階の店から客を選んで首チョンパして落とし、そのおいしい素材で彼女はミートパイを作り大繁盛。
待ってたのはこれですよん♪もっと残酷かなと思いましたが、血はいっぱい出てたのでよし!としますか(*^д^*)

sui4.jpg


さて、ターピン判事を彼はその手で首チョンパできるのか・・・。
ミセス・ラベットの好意を受け止めるのか・・・。

全体的にダークな感じで私はお気に召しましたが、歌をいれなかったらどうなるか観てみたい気がしました。
ジョニデは嬉々として演じてるのが伝わり、やはりこの監督にこの俳優と言うのを魅せられました。
ジョニデ様、かなりのはまり役で敬礼ですー!
スポンサーサイト

テーマ : スウィーニー・トッド ジャンル : 映画

EDIT  |  22:17  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

■こんにちは~!

ティム・バートン監督とジョニー・デップは、
本当に、

最高のコンビですね♪

考えもしなかったけど、
「歌を入れなかったらどうなるのか」
ちょっと、ワクワクしますね(^^)
ちえこ |  2008.02.11(月) 14:10 |  URL |  【コメント編集】

ちえこさん、こんばんは。

歌を入れなかったら、もっと暗い話になっていたかな?
それも興味があります。

また、このコンビで映画つくってほしい!
セシル |  2008.02.13(水) 22:11 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |