2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.11.22 (Thu)

いい映画は、2度手に取る。

「シッピング・ニュース」

20071123231523.jpg


上映時間 111分

製作国 アメリカ

初公開年月 2002/03/23

ジャンル ドラマ

監督: ラッセ・ハルストレム

原作: E・アニー・プルー

脚本: ロバート・ネルソン・ジェイコブス

出演: ケヴィン・スペイシー (クオイル)

ジュリアン・ムーア (ウェイヴィ)
ジュディ・デンチ (アグニス)
ケイト・ブランシェット (ペタル・ベア)

(あらすじ)

新聞社に勤めるクオイルは、父親の厳しい教育がトラウマとなって自分の殻に閉じこもる孤独な男となってしまった。そんな彼は、美しい女性ペタルと出会い初めての幸せを味わう。結婚もし、女の子も生まれるが、ペタルは娘をほったらかし、若い男と遊んでばかり。そして、ある日、突然に娘を連れ去り、男とともに家を出ていってしまう。次にクオイルのもとに届いた知らせは、ペタルの交通事故死と、彼女が娘を養子として売り飛ばそうとしていた事実だった。失意のクオイルは人生をやり直すため、娘を連れ、父の故郷ニューファンドランド島へと向かうのだったが……。

(感 想)

なんともまぁブログの書きにくいお話で、とてもいい内容で大好きな監督の映画なのですがうまく書く自信がありません(δ・δ)
『マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ』『ギルバート・グレイプ』『サイダー・ハウス・ルール』『ショコラ』と好きな映画が4本も出てきます。
ウディ・アレンの次に尊敬する監督さんです( ̄∀ ̄)ノ はい。

このクオイルは情けないというかなんというか、ペダルという悪い女を愛してしまって子供までできてしまった。
子育てはそっちのけで男遊びが激しく、しまいには男と家出して子供を養子に売り飛ばそうとして自分は交通事故で死んでしまうのですから最悪な女。
これを演じてるのがケイト・ブランシェット、うまいですね~。

20071123223301.jpg


傷心のクオイルは叔母のアグニスと娘バニーと父の故郷へ旅立ちます。
そこは厳冬の小さな島で、家は風にあおられぬようロープに支えられています。
島へ来る前に新聞社のインク係だったクオイルは、地元の新聞社に職を得ていつも漁にばかり出ている編集長ジャックにコラムシッピング・ニュースの担当を命ぜられます。

20071123225141.jpg


新聞社の仲間たちや託児所を営む若き未亡人ウェイヴィとの出会いで、日々の生活を取り戻していくクオイルの姿がよく描かれていると思いますグー♪( ̄∀ ̄)bさっすが、ラッセ・ハルストレム監督!
ジュリアン・ムーア演じるウェイヴィは色気があって、障害者の子供をよく可愛がりステキな女性です。クオイルが気になるのもしょうがない話です。
彼女は個人的に好きな女優さんで『ことの終り』や『ブギー・ナイツ』なんか良かったですね~。また、脱ぎっぷりがいいんだこれが(親父みたいな発言だな); ̄∀ ̄)う~ん

20071123230104.jpg


しかし、クオイルは昔祖先がこの島を荒らす海賊だったことを聞きアグニスに辛くあたります。そして、そのアグニスの悲しい過去を知り同情するのです。それはそれは、自分の父親を恨まずにはいられない辛い出来事でした(σ-σ)・・・。

20071123230601.jpg


やがて、島に嵐がきてクオイルたちの家は吹き飛ばされてしまったが、ウェイヴィとの恋や島の人の暖かさに心は癒えていくのでした。

先にあげた4本の映画に比べると私的には劣るのですが、でも考えさせられるいい映画でした。実は、この映画観たの2回目なんですよ。
観たのがだいぶ前だったので気づかず手にしてしまったのですね。
前は勉強不足で、俳優の名前も知らず観ていましたが知ってからはまた面白く観れましたよ。そんなことありませんか?

20071123231400.jpg


スポンサーサイト
EDIT  |  22:59  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

■Re: いい映画は、2度手に取る。

私も好きです、ハルストレム監督 (^_^)v

この映画って俳優陣豪華ですよねぇ、それに観ていたら
寒くなってきたのを思い出しました。
聡明そうなイメージのケイト・ブランシェットのケバい
姿にビックリ。
セシルさんとは監督の趣味が近いのかな、ウディも
いいですよね。

そういえば上の記事の映画、先々週レンタル行った時に
ふと手に取りました。これも何かの偶然でしょうか。
結局コメディを借りてしまったんですけど…。
海 |  2007.11.27(火) 00:38 |  URL |  【コメント編集】

■Re: いい映画は、2度手に取る。

海さんもこの監督好きなんですね。嬉しいな。
監督の趣味、ホント近いかも。
だから、長くコメントしあえてるのかもしれませんね。

ケイト・ブランシェットのケバさは確かにすごいし、イメージがガラッと違ってびっくりしました。
これも彼女の演技力の素晴らしさかな?
最近、3人目の赤ちゃんを妊娠したそうです。
子供が2人もいたなんて知らなかった~。

上の記事の映画も観てみてくださいね!
セシル |  2007.11.27(火) 22:53 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |