2007年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.10.27 (Sat)

恋する気持ちはみんな同じ。

「モーツァルトとくじら」

20071027191204.jpg


上映時間 94分

製作国 アメリカ

初公開年月 2007/02/10

ジャンル ロマンス/コメディ/ドラマ

監督: ペッター・ネス

脚本: ロン・バス

出演: ジョシュ・ハートネット (ドナルド)

ラダ・ミッチェル (イザベル)
ゲイリー・コール (ウォーレス)
シーラ・ケリー  (ジャニス)

(あらすじ)

ドナルドはタクシー運転手として働いているが、本当は数学の天才だ。仲間たちの良きリーダーでもあり信頼も厚いが、数字に執着するあまり失敗も多い。そんな彼がとびきり魅力的なイザベラに出会い恋に落ちる。彼女は美容師で、動物を可愛がり、絵や音楽の才能に秀でている。ただし、その言動はかなりエキセントリックだ。日々トラブルに見舞われがちな二人は共にアスペルガー症候群という障害を抱えていたのだった…。

(感 想)

アスペルガー症候群とは一種の自閉症のことだそうです。
私の親戚に自閉症の一歩手前の女の子がいまして、まるっきり知識としてゼロではないのですが、やはりこの映画を観て知らないことがあるな~と思いました。
なかなか普通の生活にとけこめず、何かに固執するものを持っているのですね。

そんなドナルドとイザベルが恋に落ちました(σ∀σ)2人とも会った瞬間から、気になっていたみたいです。
ドナルドは「人を好きになると気分がいい」と言ってたところが、印象に残りましたグー♪( ̄∀ ̄)b
2人はデートを重ね恋人となっていきます。

20071027193516.jpg


20071027193549.jpg


ドナルドは計算をしていないと落ち着かない計算オタク。イザベルは突飛な発言、奇声に近い笑い声をあげ、苦手なものは金属音。
2人はハロウィンの日に、ドナルドはくじら、イザベルはモーツァルトの格好をして町を歩きます。

20071027194151.jpg


いつしか一緒に住む二人は、ケンカをしたりいろいろな困難を乗り越えていきますが、普通の人に近づきたいドナルドとありのままを受け入れたいイザベルに亀裂が生じます(σ-σ)・・・。
これは私たちにも共通することではないでしょうか?愛するもの同士、もがいて苦しんで愛をかちとるのだ思います。

20071027194847.jpg


結婚を申し込むドナルドにイザベルは強く拒否し、自殺未遂をおこしてしまいます。医者にもう会わないように言われるのですが、どうしても連絡がとりたい、会いたいドナルド。さて、この後2人はどうなるでしょうか?

自閉症という難しいテーマでありましたが、あまり暗くならず「クスッ」と笑うところもあり、いい内容でした。
実話というのですから、素晴らしいもので脚本はあの『レインマン』を書いた人だそうです(ノ ̄∀ ̄)ノオオォォ。
自閉症の方々に頑張ってとエールを送りたくなるそんな映画でした。

スポンサーサイト
EDIT  |  19:16  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.10.26 (Fri)

ガエルくんと、恋愛睡眠。

「恋愛睡眠のすすめ」

20071026235104.jpg


上映時間 105分

製作国 フランス

初公開年月 2007/04/28

ジャンル コメディ/ロマンス/ファンタジー

監督: ミシェル・ゴンドリー

脚本: ミシェル・ゴンドリー

出演: ガエル・ガルシア・ベルナル (ステファン)

シャルロット・ゲンズブール (ステファニー)
ミュウ=ミュウ (母クリスチーヌ)
アラン・シャバ (ギィ)
エマ・ドゥ・コーヌ (ゾーイ/ゾエ)
ピエール・ヴァネック (プシェ氏)
オレリア・プティ (マルチーヌ)
サッシャ・ブルド (セルジュ)

(あらすじ)

心機一転、新しいスタートを切ろうとメキシコから母親を頼ってパリにやって来たステファン。ところが、紹介された仕事は望んでいたイラストレーターではなく、退屈なカレンダーの製版係だったのでがっかり。そんな矢先、アパートの隣りに素敵な女の子ステファニーが越してきて俄然恋愛モードに。が、シャイな性格ゆえ夢の中でしか思い通りに行動できず、虚しく空回りするばかり。いつしか夢と現実の区別もつかなくなって…。

(感 想)

待ちに待ったガエルくんの映画、私の小さな町では劇場公開されずにDVD化待ち。
いつもはケチって一週間レンタルの映画しか借りないのですが、今回は違います!新作を「お願いします」とカウンターへ堂々と出す私(σ∀σ)ニヤッ。
早速、観始めましたがガエルくんの何気ないファッションと赤い帽子がキュート。シャルロットもさすがはミセス・フレンチ・ロリータ、グー♪( ̄∀ ̄)bでした。

20071027003240.jpg


とにかくシャイなガエルくん演じるステファンが可愛くて、お姉さんはたまらなかったです(* ̄∀ ̄*)きゃ~♪
シャルロット演じるステファニーもクールで、優しげでいい感じ。
なんか身長が同じくらいなのが気になりましたが、そこを抜かすとお似合いな2人。

20071027004008.jpg


内容はタイトルどおり、夢の中でストレスが炸裂したり、ステファニーとの恋愛を勝手にすすめたりと夢と現実がごちゃごちゃになってしまうんですね~。
夢見る魚座の私としては、けっこう共感できるところがあって発想が面白かったと思います。

20071027004517.jpg


映画とは関係ない話ですが、一時よく私の夢に芸能人がでてきたんです。
それが、昔見た夢占いの本で確か「欲求不満」と出てたような・・・。
それなら、夢で犯されたのは何の暗示でしょう?また「欲求不満」?!
どうせならガエルくん、出てきてよ~(*^д^*)

20071027005252.jpg


ガエルくんのことばかり書いてましたが、実はシャルロットも大好きでいろいろ映画観てます。
演技はけして上手いほうではないと思うのですが(フランス人の基準がよくわからない)、雰囲気があっていいですね☆~(σ。σ)♪うふ
セルジュ・ゲンズブールとジェーン・バーキンの娘ですもん、いいに決まってます( ̄∀ ̄)ノ はい。
でも、親の七光りって辛い思いしたことあるかもしれませんね(σ-σ)

20071027005716.jpg


内容はとても可愛いお話で良かったのですが、でもなんとなく消化不良で・・・。
監督がミシェル・ゴンドリーですもの合わないはずです。『エターナル・サンシャイン』を監督した方で、ずいぶん前のブログで取りあげたのですが、あまり良くないなと思ってしまいました。
おもしろいと思ってた方に申し訳ないですが、何を言いたいのか伝わらなくて; ̄∀ ̄)う~ん。
この映画もそういうところが少し合って、私を戸惑わせました。
キャストと可愛い小道具、ファッションに助けられたかな?と思います。

でも、ガエルくんに映画で会えて幸せでした~(*σσ*)えへ♪
ファンにはたまらないと思いますよん。夢に出てきて~。

20071027010645.jpg



EDIT  |  23:51  |  映画  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2007.10.20 (Sat)

B級映画で拾い物♪

「ロード・キラー」

20071020230440.jpg


上映時間 97分

製作国 アメリカ

初公開年月 2001/11/23

ジャンル サスペンス/ホラー

監督: ジョン・ダール

脚本: クレイ・ターヴァー
J・J・エイブラムス

出演: ポール・ウォーカー (ルイス)

スティーヴ・ザーン   (フラー)
リーリー・ソビエスキー (ヴェナ)
ジム・ビーヴァー
スチュアート・ストーン
ベイジル・ウォレス

(あらすじ)

ボストンの大学に通うルイスは、ネブラスカへの帰省ついでにコロラドに住む幼なじみヴェナを拾い、大陸横断ドライブを楽しむことを計画する。だが母から連絡が入り、釈放された兄フラーをソルトレイクシティで先にピックアップすることになった。強引なところがあるフラーはルイスをけしかけ、無線で女のふりをしてひとりのトラッカーをからかい出す。しかし悪戯が度を過ぎた頃、ラスティ・ネイルと名乗るそのトラッカーの異常ぶりが明らかになる。やがて二人はヴェナと落ち合うが、それは“恐怖のドライブ”の幕開けだった……。

(感 想)

思いっきりB級映画だと思っていましたが、確かにB級なのですがそのわりにテンポ良く面白かったです。期待してなかっただけに、嬉しい拾い物をした感じですグー♪( ̄∀ ̄)b

ちょっとした悪戯が思わぬ事態を巻き起こすって、現実にもあるかもしれませんね。実際にあった話ではないですが、それがこの物語!
強引な兄フラーに言われ、無線でキャンディ・ケーンとい言う女になりすますルイス。
ひっかかってきたトラッカーに、「モーテルの17号室、夜の12時にピンク・シャンパンを持ってきてね」と。

20071021002019.jpg


また、ロンハーの若手芸人みたく(観てます?)見事にひっかかるんですよ。17号室には見知らぬ男が、隣に泊まる兄弟は壁に耳をすます。
なにやら変な音がして気になるルイス。
次の朝には、隣の男がアゴを切られて意識不明の重体で見つけられました。

騙されたと知ったラスティ・ネイルと名乗るトラッカーは怒り、執拗に彼らを追いかけます。
途中で幼なじみヴェナを拾いますが、お久しぶりのリーリー・ソビエスキー 、キャミソールだけで登場。
下着を着けてないので、乳首様がうっすら見えて女の私がドキドキしてしまいました☆○(゜ο゜*)o ぱ~んち。

20071021004358.jpg


ラスティ・ネイルの悪戯で、「裸でハンバーガーを買って来い」と言われそのとおりにする兄弟。間抜けでしたね~。
ヴェナは「許して」と無線でお願いしますが、彼は悪戯を楽しんでいる様子。

20071021005234.jpg


ラスティ・ネイルは見ている、追いかけてくる。3人を追いつめ、ヴェナをさらい車を爆破。
「モーテルの17号室に夜12時、ピンク・シャンパンを持ってきてね」
と同じことを言いヴェナを人質にする。

20071021005927.jpg


さて、ヴェナはどうなるか?彼の悪戯を止めることができるのか?

かなりしつこい男ですね、ラスティ・ネイルは(σ ″σ)ムッ!
暇人で仕事はしているのかーーーーー!!!って感じです。
また、この執拗さが物語を盛り上げてはいるのですが、軽い気持ちの悪戯は命取りということですか。

終わり方が、続きがありそうだったんです。観たい!
特別版には4つのエンディングがあったそうな。観たい!
B級映画でこんなに、楽しませてもらえてなんか申し訳ない気分(何故?)でいっぱいであります( ̄∀ ̄)ノ はい。


EDIT  |  23:12  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.10.13 (Sat)

悪魔のイナバウアー。

「エミリー・ローズ」

e.jpg


メディア 映画

上映時間 120分

製作国 アメリカ

初公開年月 2006/03/11

ジャンル ホラー/ドラマ/ミステリー

監督: スコット・デリクソン

脚本: ポール・ハリス・ボードマン
スコット・デリクソン

出演: ローラ・リニー (エリン・ブルナー)

トム・ウィルキンソン    (ムーア神父)
キャンベル・スコット    (イーサン・トマス)
ジェニファー・カーペンター (エミリー・ローズ)
コルム・フィオール     (カール・ガンダーソン)
ジョシュア・クローズ    (ジェイソン)

(あらすじ)

ある日、エミリー・ローズというごく普通の女子大生が突然、激しい痙攣を起こした。何かが取り憑いているのではないかと思った彼女は、ムーア神父に悪魔祓いを頼むのだが、その甲斐なくエミリーは命を落としてしまう。果たして彼女には悪魔が取り憑いていたのか、それとも単なる病気だったのか。過失致死で起訴されたムーア神父の裁判が始まる。やがて彼は、女性弁護士・エリンにエミリーの身に起こったことを語り始めた…。

(感 想)

実話に基づいた話とわかり少し驚きましたが、幽霊がいると信じる私は悪魔もいるのだろうと思ってしまいます( ̄∀ ̄)ノ はい。
私たち人間は何故存在しているのか?と問い掛けるともちろん神様もいると信じられずにいられない、不思議な世界なのです。

この裁判を引き受けた弁護士エリンは出世目当てだったものの、ムーア神父から話を聞くたびに引き込まれていき、自分にも夜中の3時なると恐ろしいことがおきてしまうようになります。
そう、エミリーがそうであったように(σ-σ)・・・。

20071013123811.jpg


20071013123954.jpg


最初は、怖いだけのオカルトでそうゆう映像が多いかと思ったのですが、裁判シーンが2/3でその間にエミリーの様子を映していました。
すごいのがエミリー役のジェニファー・カーペンター 。彼女の悪魔に入り込まれた演技は、顔だけ観ても十分怖いです。
体も痙攣がおこるので、凄まじくなり悪魔のイナバウアーを披露(ノ ̄∀ ̄)ノオオォォ。

e2.jpg


検事側は精神病のものだと悪魔払いをしたムーア神父を批判しますが、それを飛び越えた恐ろしさがありました。
食事はとらず、自分を傷つけ、壁をかきむしり、叫び声をあげ、まさしくそれは何かにとりつかれたとしか言いようがない行動でした・・・・・・・\(#><)/きゃー!

e3.jpg


何度も行われた裁判で、陪審員に精神病か悪魔の存在かを問い掛ける検事と弁護人。結果は私が想像できない判決になりました。
エミリーの墓場に報告するエレンとムーア神父が印象的で、エミリーに対しての愛を感じました。

e5.jpg


6人の悪魔にとりつかれたとされる実在したエミリー・ローズ。
彼女がありのままの自分を受け入れ、ローズ神父に身をゆだねた気持ちははかりしれないものだったでしょう。


EDIT  |  11:57  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.10.08 (Mon)

映画代返せー!

「パーフェクト・ストレンジャー」

Perfect_Stranger_1535.jpg


上映時間 110分

製作国 アメリカ

初公開年月 2007/09/29

ジャンル サスペンス/ミステリー

監督: ジェームズ・フォーリー

脚本: トッド・コマーニキ

出演: ハリー・ベリー (ロウィーナ)

ブルース・ウィリス (ハリソン・ヒル)
ジョヴァンニ・リビシ (マイルズ)
ゲイリー・ドゥーダン (キャメロン)

(あらすじ)議員のスクープを握りつぶされて会社を辞めた元新聞記者のロウィーナ。彼女はある夜、幼馴染のグレースから広告業界の大物ハリソン・ヒルの不倫スキャンダルの話を聞いた。その数日後、グレースは変死体となって発見されてしまう。死の真相がハリソンの口封じではないかと疑ったロウィーナは、大スクープを得るべく独自の調査を開始。元同僚のマイルズの力を借り、偽名でハリソンの会社にもぐりこむことに成功するが…。

(感 想)

久しぶりに映画館に足を運びまして、かなり期待していたこの映画。
『秘密を剥ぎ取れば、誰もが危険な他人』な~んて、意味深な; ̄∀ ̄)う~ん。
『ラスト7分11秒まで、真犯人は絶対わからない』な~んて、そそられること(ノ ̄∀ ̄)ノオオォォ。
しかし、途中でトイレに行きましたよ。全部観なくてもいいなって。
なんとなく想像できるオチで、登場人物の怪しさがわざとらしくてこの低い鼻につきました。

新聞記者役のハル・ベリーがやけに忙しく動いてまして、「私が主役よ~。頑張ってるわよ~。」的な感じでした。
『チョコレート』の時が良かっただけに残念でしかたありません( ̄人 ̄)。

20071008212553.jpg


同僚のマイルズとロウィーナがやけに仲良いのがいかにも、「疑ってちょうだい」っぽいのがありあり。
だって、付き合ってもいないのにしょっちゅう家を行ききするかなぁゞ( ̄∀ ̄)オイオイ。
でも、彼がいたからこそハリソン・ヒルの会社に派遣社員として入社できたわけで、マイルズの存在価値が大きいのではないでしょうか。

p5.jpg


それにしても、出会い系サイトって当たり前の時代になりましたね。
あのブルース・ウィリスいやいやハリソン・ヒルも、怖い奥さんに隠れてやっているわけで、気味悪い世の中になりました、ホホホ♪へ(^。^)/< T▽T)。
ハリソン・ヒルの女の口説き方も、ネトネトして気持ち悪かったですね~。
エッチしたいオーラが、ガンガン出ててこれも演技力なのか、はたまたマジなのか気になるところです( ̄∀ ̄)ノ はい。

p3.jpg


正直言って、映画代もったいなかったですよ0(><。)ノ” さみしぃ。
前半はまだ良かったのですが、途中から飽きてしまって犯人もわかり始めたから私的には、駄作だったのでしょう。(ここまで言う?)
私が観たブルース・ウィリスの出演作では、『薔薇の素顔』の次にダメダメな感じです( ̄∀ ̄*)ニヤり☆


EDIT  |  21:52  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.10.07 (Sun)

エロでキュートで楽しい!

「フィレーネのキライなこと」

20071007121450.jpg


上映時間 94分

製作国 オランダ

初公開年月 2007/01/27

ジャンル ロマンス/コメディ/エロティック

監督: ロバート・ヤン・ウェストダイク

脚本: ロバート・ヤン・ウェストダイク

出演: キム・ファン・コーテン (フィレーネ)

ミヒル・ホイスマン (マックス)
タラ・エルダース (ラーラ)
ハデヴィック・ミニス (クロッチ)
キーナン・レイヴン (LT)
カート・ロジャーズ (レジナルド)

(あらすじ)

フィレーネは“ごめんなさい”という言葉が大嫌い。自分が言うのはもちろんのこと、他人が口にしただけでもすぐにキレてしまう女の子。だから、いつだって恋は長続きしない。そんな彼女の新たな恋人マックスが、突然ニューヨークに俳優修行に行ってしまう。寂しさが募るフィレーネは、ついにマックスを追って自分もニューヨークへと旅立つ。ところがそこでもフィレーネは自分勝手な行動を繰り返し、次々とトラブルを引き起こしてしまい…。

(感 想)

韓国映画『猟奇的な彼女』にエロ満載加えた感じのキュートで楽しいラヴ・コメディ。
特にお気に入りは、キャッチな音楽(小山田くんや小西さんが作りそうな曲です)と、マックス役のいい男ミヒル・ホイスマン(*^д^*)
彼は、バンドのボーカルをやっている人だそうで、音楽も聞いてみたいと思わせるほどステキなのです☆○(゜ο゜*)o ぱ~んち。

そして、肝心なフィレーネは勝気で“ごめんなさい”が言えない女の子。
下ネタ連発で、女友達の間で「精子袋!」とか「ヤラセ女!」とか言い合っちゃうけど可愛いんだなこれが、グー♪( ̄∀ ̄)b

20071007123600.jpg


俳優修行に行ってしまったマックスを追いかけニューヨークへ。
そこには、個性豊かなルームメートが集まり特に金髪美人のクロッチと意気投合。
彼女もまた下ネタ好きで、あるレストランで男2人に声をかけられ、エッチの時に演技してるのがわかるか?と言う話になり、フィレーネたちはその場で大きなあえぎ声を出しレストランから放り出されるヽ( ̄∀ ̄)ノあはは。

そんな彼女は、マックスの演劇練習を鑑賞したとき『ロミオとジュリエット』でなんとこれまたエロ満載(δ・δ)ほえぇ・・・。
楽屋に飛び込んだフィレーネは、マックスとジュリエット役の女とラヴシーンの真っ最中!
ただこれは、演技の練習だったのですが誤解されてもしょうがないよね~。
疑いが晴れても、“ごめんなさい”が言えないフィレーネ。

20071007125147.jpg


そして、クロッチと行った演劇のプレミア上映。裸のカラミが多い演技の中、ガマンが限度にきてフィレーネは舞台にあがってしまう(ノ ̄∀ ̄)ノオオォォ。
「私は彼の恋人よ」とか言っちゃって、劇中ぶち壊し!だってかなりのエロよ、これがヾ(@ー_☆@)ノキラーン。
マスコミの前でも散々放送禁止用語を連発するフィレーネ。
ノリで豪華なホテルに知り合いの男と、ベットイン(言葉、古い?)
しかしあることで怒らせてしまい、1人で過ごす羽目になる。

20071007130312.jpg


なんとマックスがホテルにやってきた!嫌がるフィレーネを担ぎチェックアウト。2人はうまくいきかけたと思いきや、そこでも“ごめんなさい”が言えないフィレーネ。
怒ったマックスは、「チャンスを与えたのに」と行ってしまう。
残されたプレゼントには、赤いワンピースとパーティーの招待状。
さて、彼女は“ごめんなさい”が言える?

f4.jpg


なんかエロと言う言葉ばかり連発してますが、ホントにそうなのです( ̄∀ ̄)ノ はい。
でも、いやらしさがなくさわやかにキュートに仕上がっていると思いますよん。ぜひ、観てほしい映画です(*σσ*)

EDIT  |  13:09  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.10.03 (Wed)

ラテンの貴公子、ガエルくん!

「dot the i ドット・ジ・アイ」

do.jpg


上映時間 92分

製作国 イギリス/スペイン

開年月 2004/07/31

ジャンル ドラマ/サスペンス

監督: マシュー・パークヒル

脚本: マシュー・パークヒル

出演: ガエル・ガルシア・ベルナル (キット)
ナタリア・ベルベケ  (カルメン)
ジェームズ・ダーシー (バーナビー)
トム・ハーディ    (トム)
チャーリー・コックス (テオ)

(あらすじ)

ロンドンで暮らすスペイン人女性カルメンは、裕福で優しいバーナビーにプロポーズされ、幸せの絶頂だった。ところが独身最後のパーティで、ゲーム感覚でキスをしたキットに激しく心を揺さぶられる。キットに惹かれながらも、バーナビーとの結婚を選んだカルメン。しかし、些細な口論がきっかけでバーナビーの元を飛び出したカルメンは、キットのアパートへ向かい激しく愛し合う。絶望したバーナビーは自殺を図り、動揺したカルメンは再びキットの部屋を訪ねるが…。

(感 想)

愛しのガエルくんは相変わらず子犬のように可愛くて、胸躍る私(* ̄∀ ̄*)きゃ~♪内容なんてなくても彼さえ出演してくれればそれでいいわって感じです。
この映画3年前くらいですけど、なかなか探せなかった私にとっては幻の一作であります。

中身はですね、そうたいしたことはないのですよ、悲しいことにゞ( ̄∀ ̄)オイオイ。
アイデアは良いとは思いますが、それを上手く消化できてなかったようにつけたしたどんでん返しが残念でした(δ・δ)ほえぇ・・・。
でも、ガエルくん好きにはたまらない魅力十分の映画ですよん。

仕事をしなくても裕福で優しいバーナビーと、何度も仕事先を短気でクビになっている攻撃的なカルメンは婚約をしていました。

do1.jpg


カルメンは独身最後の女の子同士のレストランでのパーティで、ゲームで相席していたキットとキスをすることになりました。
初めてなのに、2人は情熱的な長いキスを周囲を驚かせます(ノ ̄∀ ̄)ノオオォォ。

477ff18f6dd34182115d71e6a6a1e220.jpg


キスの後逃げ出してしまったカルメンの前に、恋をしてしまったキットが近づきます。
最初は再び逃げるカルメンですが、情熱的なキットに心を揺さぶられます。
私だったら、呼びもされないのにガエルくん胸に飛び込むのになってよだれたらして観てましたよ( ̄∀ ̄)ノ はい。

do2.jpg


カルメンは人を愛することに臆病になっているのでは?と思いました。
手首あたりに、昔の男に硫酸をかけられた後が残っていて、逃げ出した今でも彼が付回してるのでは思っているのでした。

do3.jpg


バーナビーと結婚したものの、些細な口論で家を飛び出したカルメンはキットのもとを訪れ激しく愛し合います(*⌒д⌒*)あは。
これがまた、ラブシーンがよだれもので男のセクシーさはいいものですね。
気になったのは、カルメンがブラをとらずにずっとしているので彼女が減点!モニカ・ベルッチのように脱ぎまくれ( ̄∀ ̄*)ニヤり☆

キットと愛し合ったあと、動揺したカルメンはキットの家を出てバーナビーの元へ戻るが、パトカー集まり彼が拳銃自殺したと(σ-σ)・・・。
しかし、ここからどんでん返し!したたかな誰かが観れますよん。

do6.jpg


EDIT  |  23:33  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |