2007年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.03.29 (Thu)

キロロにおまかせ。

「ベストフレンド」

20070329222051.jpg


製作年度 2002年

製作国  アメリカ

上映時間 91分

監督 ゾーイ・クラーク・ウィリアムズ

出演 ミア・カーシュナー 、メレディス・モンロー 、スコット・ベアストウ 、ドミニク・スウェイン 、レイチェル・トゥルー 、テイ・ディグス 、グリニス・オコナー 、ジョアンナ・カントン 、エリック・マイケル・コール 、オリヴァー・ハドソン

(あらすじ)

アリシアは恵まれない家庭に育ったけれども、まじめで成績優秀な女子大生。一方、ハドリーは裕福な家庭の娘で毎日を好き勝手に楽しく過ごすことしか頭にない。そんな2人は新学期に同じ授業をとったことから急激に親しくなっていく。ハドリーはアリシアを自分の仲間たちの集まりに連れて行くようになる。そこではみなセックスも酒もドラッグも自由に楽しんでいた。最初は戸惑いと警戒を抱くアリシアだったが、かつて経験したことのない刺激的な世界が彼女の心を徐々に変化させていくのだった…。

(感 想)

よくありがちな設定、内容、終幕。おもしろくないとは言いませんが、盛り上がりにかけた映画だったな~、と言うのがはっきりした感想です。
それなら、ブログを書くなと言われそうですが若い子たちがいっぱい出ていて、セックスや酒、ドラッグに溺れていくなんて日本にもありそうそうな話で、そんな人たちに観てほいしなぁと思いました。

恵まれない家庭のアリシアが、ハドリーに影響を受けだんだんと垢抜けていき、魅力的になっていきます。
その変わりようがすごい!パーティで倖田ばりのエロなダンスをお見せします。あんなにおとなしかった彼女が、昔からの幼なじみを捨ててまで手にしたものはなんだったんでしょう?

友達とレズ関係になったと思えば、後で冷たい態度。ハドリーの彼氏に接近する。ハドリーの父親をうまく使い、いい親友になる。
派手な立ち振る舞い、重ねる嘘。アリシアは別人に変わって行く。
限界を知らない、つかめない頂点に手を伸ばす。それでも足りないアリシアは、コカインの過剰摂取により病院へ。

事件の解明をまかされた保安官は、友人たちに探りを入れ、誰が彼女に100%のコカインを飲ませたのか調べる。そこには、今の若者の現状を目の当たりにすることになります。

「ベストフレンド」なんて、キロロみたいな可愛いタイトルですが、実は残酷な響きでもあると思います。
私も、友達にはずいぶん悩まされ、背伸びしてた時期がありました。
自分を保つことができず、ついていくのに必死だったような気がします。
今は、だいぶ大人になったのか幼い友情に開放され、私を生きています。

最初に、あまりこの映画をお勧めしてないのに、今になって考えさせる内容だと思いはじめました。
友達は、つくるものではなく、いつのまにか側にいた人が「ベストフレンド」かもしれませんね。
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  23:01  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.03.26 (Mon)

死ぬまでにできないいろんなこと。

「ドーン・オブ・ザ・デッド」

20070326214636.jpg


ジャンル ホラー

製作年   2004年

製作国 アメリカ

監督 ザック・スナイダー
原案 ジョージ・A・ロメロ
脚本 ジェイムズ・ガン

出演 サラ・ポーリー 、 ヴィング・レイムス 、 ジェイク・ウェバー

(あらすじ)

米ワシントン州エベレット。看護婦のアナは、この日もいつものように仕事を終えると愛する夫ルイスと暮らす自宅へ帰り、一日を終えた。翌朝、彼女たちの寝室のドアが外側から静かに開けられる。ドアの向こう側には、隣家の8歳の少女ヴィヴィアンが佇んでいた。少女はルイスが異変に気づく間もなく、人間離れしたスピードで襲い掛かってきた。そしてルイスは絶命してしまう。が、間もなくルイスは息を吹き返し、今度は彼がアナに向かって襲い掛かってくるのだった。何も分からないまま、とにかく必死で屋外へと逃げ出したアナだったが…。

(感 想)

ゾンビ映画って、わりと最近好きになってたまに観るんですけど、B級なものが多かったりするんですよね。「おいおい、それはないだろう?」なんて感じで、死体だけがあればいいようなお粗末なお決まりパターン。
でも、この映画はお金がかかっていて、本格的なゾンビ映画だと思いました。

始まってすぐに、少女がアナの旦那ルイスの首に「ガブッ」ですからね、すぐに目が釘付けです。何故、少女がゾンビになったのか?何が発端なのか?
そんなのはいいのです。とにかく、飛びついて、噛み付いて、血がドバーが最高です。理由なんて、頭の悪い私にはいらないのです。

生き延びたアナは、見知らぬ4人とショッピングモールに向かいます。
しかし、そこにはセキュリティーの人間と思われる3人の男たちが銃を持って居座っていましたが、アナたちには、冷たい態度。
私は、不謹慎にも「ここなら、服がいっぱいあってオシャレできるし、食べ物の飲み物もたくさんあっていいなぁ」なんて、思ってしまいました。
こんな能天気な私は、この映画の登場人物になったら、あっさりゾンビに食われるでしょうね。

他の生き延びた人たちと、外のゾンビたちから逃れようといろいろ細工をほどこした車を2台作り、さてゾンビ天国(地獄?)から離れることはできるだろうか?という話ですが、この途中、いえその後もゾンビに襲われ素晴らしきスプラッター。

この映画は、1978年の「ゾンビ」のリメイクだそうで、監督は、ジョージ・A・ロメロ。似たような映画を作っているみたいです。
びっくりしたのは、1990年の「羊たちの沈黙」に俳優として出ていたようで、でもぜんぜんわかりません。と、言うか顔知りません(笑)。

そして、主人公演じるは、サラ・ポーリー。「死ぬまでにしたい10のこと」に出ていた彼女です。全然、雰囲気が違うので最初わかりませんでしたが、途中でなるほどと思いました。この映画、ブログにはたしか書いてませんが、とても悲しくて、可愛くて、愛しくていい映画でした。

さて、アナたちは逃げることが、生き延びることができたのか、観てない人のためにクエスチョンマークを。観た人にどう解釈するかのクエスチョンマークを提示してエンドマーク。

テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  23:05  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.03.24 (Sat)

そっくりさん、いらっしゃ~い。

「アイデンティティー」

20070324225754.jpg


製作年度 2003年

上映時間 90分

監督 ジェームズ・マンゴールド

出演 ジョン・キューザック 、レイ・リオッタ 、レベッカ・デモーネイ 、アマンダ・ピート 、ジョン・ホークス 、アルフレッド・モリナ

(あらすじ)

天を突いたような豪雨の夜、寂れた街道で交通事故が起こる。加害者のエド(ジョン・キューザック)は、近隣のモーテルに救援を求めるが、豪雨で電話は不通。道路も冠水し、行く手を阻まれてしまう。やむなくエドはモーテルに引き返し、天候の回復を待つ。モーテルに集ったのは、同じように立ち往生した10名の男女。女優と運転手、娼婦、新婚夫婦、囚人と刑事…。互いに見ず知らずの彼らは、それぞれが何か秘密を抱えているようだった。やがて彼らは雨に閉ざされたモーテルで、1人また1人と謎の死を遂げてゆく。

(感 想)

正直な話、あまり期待しないでレンタルをしました。サスペンスと90分の短さで、ひまつぶしにいいかなとそのくらいの感じで。
しか~し、始まってびっくり、どっきり、思いっきりはまってしまいました!
エドがおこした交通事故から、連鎖的にモーテルに集まる10人の男女と支配人。
大洪水に阻まれ、電話や無線がつながらず救急車も呼べない事態、何もないわけないじゃありませんか?
アガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」じゃないけれど、1人ずつ謎を残して死んでいきます。その死体には、部屋の番号が書かれたキーが必ず残されていました。
生き残る人々は、偶然に集まったメンバーではないと、疑いを持ちます。
それは、同じ誕生月、名前には州の名前が・・・。
この辺りでも、いったいラストはどうなるか想像もつきませんでした。
最後は、なるほどと思うが、ありきたりではない終わり方に圧巻。
キーワードは多重人格者。不思議につながるんですね~。
元警官役のジョン・キューザックは、大作にはあまり見かけないけど、いい俳優さんだと思います。私事ですが、働いてる会社の調理師さんに似てるんで、ちょっと「ぷっ」っと笑っちゃいました。
現役警官役のレイ・リオッタ(ホントは違うんですよ)、なんか犯人顔に見えるんですよね~。このふてぶてしい感じが・・・。
最初にも書きましたが、期待してないで観ておもしろかったりすると、なんか嬉しいですね。誰かに教えたくなってしまいます。
ブログと言う存在があって、「神様にありがとう」でした。



テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  23:37  |  映画  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2007.03.20 (Tue)

死体ゴロゴロ。

「アンフェア the movie」

20070319232559.jpg

監督 小林義則

脚本 佐藤嗣麻子

原作 秦建日子

出演 篠原涼子 椎名桔平 江口洋介 成宮寛貴 阿部サダヲ 濱田マリ
   加藤ローサ 加藤雅也 大杉漣 寺島進

(あらすじ)

警視庁に勤務する女刑事・雪平夏見は爆弾で負傷した娘の美央を警察病院に残して事件を追う。その直後、同じ病院に暴漢が乱入して警察庁長官や患者たちを人質に立てこもった。最新のハイテク技術を備えた難攻不落の病院は犯人グループに占拠され一気に大混乱に陥る。
 雪平たちが包囲する病院から人質が解放されたが、ただ一人娘の美央がとり残された。犯人グループの目的は依然として判明しない。警察は雪平の反対を押し切り完全武装したSAT隊を強行突入させた。 激しい銃撃戦の末SAT隊からの交信は途絶え、美央は一人エレベーターの片隅に身を隠す。
 雪平は愛する娘を救出するために単身占拠された病院に乗り込んでいった。

(あらすじ)

久しぶりに、映画館で観たのが邦画というのもめずらしい話で、『アンフェア』はテレビでほとんどの回を観ていたのですんなりストーリーに入っていけました・・・と、言いたいところでしたが、ん~難しいところがありましたね。話がでかいことになってました。
まだ観ていない人がたくさんいると思うので、詳しく書きませんが死体が多い!えっ?あの人も?この人も?死んじゃうの?と言う感じです。
犯人が誰より、誰が死ぬのかを予想してましたね。ホントだったら怖いお話です。
今回、雪平の元旦那役の香川さんが出張に行っていることになって、出ていませんでした。なかなか売れっ子ですからね、スケジュールが合わなかったんじゃないですか?『渡る世間は鬼ばかり』みたいに、あっさり死んだことになってなくて良かったですね。
そこで、美央ちゃんが雪平に預けられている設定になっています。預けられてるのはいいのですが、また大事件に巻き込まれて可愛そう。でも、けなげな美央ちゃん、お母さんが大好きなのですね。
今回は、篠原涼子さんも言ってましたが親子愛がわりと前面に出ていました。美央ちゃんを助けるため、とめる人たちを振り切りまた戦場へ向かって行きます。私の母と祖母は口を揃えて、「篠原涼子はあまり垢抜けてなくて好きじゃない」と言ってましたが、昔に比べて自然体になって素敵になったと思います。「愛しさと~せつなさと~♪」なんて、歌ってた頃よりは良くないですか?今や、視聴率の女王ですからね。
私の好きな成宮くんが、かなり脇役っぽくて残念でしたがいい演技してたと思います。この人は、今の若者の役をやらせたらうまいですからね。まぁ、実際も若いですけど。。。ドラマの時に、瑛太くんが死んでしまってるのがおしい!2人揃ってたら『オレンジデイズ』ができたのに。観てた人いますかぁ~?
最後は、最終章のはずなのに微妙な終わり方をしました。また、続編があるかもしれませんね。でも、たくさん死んでるなぁ。
結果論は、「あっという間に見終わって、おもしろかった」と、いうことで。





テーマ : 映画感想 ジャンル : 映画

EDIT  |  00:02  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.03.18 (Sun)

私も殺人者。

「インタビューウイズシリアルキラー」

20070317231518.jpg


製作年度 2004年

上映時間 91分

監督 ビル・イーグルス

出演 ブルース・グリーンウッド 、ケイリー・エルウィズ 、サム・ジェーガー 、サラ・マンニネン 、キャスリーン・クインラン 、デヴィッド・ブラウン

(あらすじ)

1982年、シアトルで発生した売春婦ばかりを狙った『グリーン・リバー連続殺人事件』。
犯罪学者ケッペルのもとに10年前ケッペルが逮捕した連続殺人鬼テッド・バンディから捜査に協力したいという手紙が届く。
フロリダの刑務所に相棒と飛んだケッペルは、バンディのインタビューを早速開始。 しかし、書類を渡しても死体の写真がないともったいつける。
ケッペルは証拠写真を渡し、バンディは「リバーマン」と呼ばれている犯人の心理を推理していく。
実は、ケッペルには別の目的があり、10年前に自分が担当して未解決に終わった8件の殺人事件をバンディに自供させることであった。
死刑が迫っているバンディは、はたしてどんな言動をおこすのか?

(感 想)

これは、レクター博士の元ネタでしょうか?連続殺人鬼から犯人の人物像を推理させるとこなど「羊たちの沈黙」にそっくりですね。
約1時間半と短い内容でしたが、あまり無駄もなく一気に見れた作品でした
。死体の写真などは、あまり見て気持ちのいいものではありませんが、あとは残酷なシーンなどはそんなになかったと思います。あっ、でも女の人を殴ったりした映像がありました。なんか、最近ホラーやサスペンスにはまっているのでどこまでが、残酷かそうでないかの境界線が見えなくなってしまいました。危ないですね~。
世間で、いろいろな殺人事件が氾濫してるのがわかる気がします。
ケッペルとバンディの心理合戦は、なかなか見もので淡々とお互いを探り合っています。特に、バンディがケッペルを歓楽街に行って犯人の気持ちを味あわせるところなんかは、私も男になり犯人になり売春婦を誘った気分になりました。ケッペルは売春婦を車に乗せたとこまでいってしまい、警察に捕まりそうになりましたが、相棒の刑事に助けられました。もし、捕まらなかったら彼がどうしただろう?と気になるところです。
連続殺人事件、これで性欲をみたしているのでしょうか?満足するのでしょうか?普通の人が、普通じゃなくなる境界線は、白いチョークで書かれた線ほどはっきりひかれてはいないでしょう。



テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  00:13  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.03.11 (Sun)

私の心もひらくのか?

「スケルトンキー」

skeletonkey.jpg


製作年度 2005年

上映時間 104分

監督 イアン・ソフトリー

出演 ケイト・ハドソン 、ジーナ・ローランズ 、ジョン・ハート 、ピーター・サースガード 、ジョイ・ブライアント

(あらすじ)

キャロラインは、ルイジアナの片隅にある広大な屋敷で、住み込みの看護婦として働くことになった。その屋敷には鏡がひとつもなく、至るところに魔除けのレンガ屑が撒いてあった。その上、屋根裏部屋の奥にある小部屋は、マスターキーを使っても開けることができない。そんな屋敷と、変わり者の老夫婦主人を不審に思うキャロラインは、ある日、好奇心も手伝って小部屋の鍵をこじ開けてしまう。だがそこは、背筋も凍りつくような恐るべき"呪いの部屋"で…。

(感 想)

これはお勧めされてみた映画であります。実は、お勧めされたのってあまり好きじゃなくて、だって悔しいでしょ?おもしろい映画が、自分より先に見つけられたなんて・・・。私は、自分で探していい作品を見つけ、さも得意げに人に勧め1人ほくそえむタイプであります。
まぁ、遠回りになりますがこの作品おもしろかったと言うことです。
ホラーに最近はまる私としては、中の上くらいかな?でも、一気に見たということは、私好みの内容だと言うことですね。
「スケルトンキー」、簡単に言うと合鍵でしょう。看護人として働きにきたキャロラインが、大きな屋敷の合鍵を渡される。しかし、それには一つだけ開かない扉がありました。好奇心にうずく彼女は、何とかして開けようとして苦戦。しかし、とうとう開けてしまったその扉は・・・。
こういう話にうとい私ですが、呪術が元になっているんですね。変に残虐な場面や霊が出てこない分、あまり怖さは軽減しますが、どうなっているか知りたい!と思える話の作りかただと思います。
逃げようとする病人を助けようと、ほとんど体が動かない状態の男の人をキャロラインが車に乗せたりしますが、ちょっと無理ありますね。
普通だったらとてもかつげないでしょう。でも、危機感せまる時は信じられない力が出るのでしょうか?
キャロライン役の、ケイト・ハドソンは可愛いですね。ラヴ・コメ系の映画によく出てましたが、これがホラー作品としては初主演のようです。
なかなか、良かったと思います。個人的には「あの頃ペニーレインと」の、バンドの追っかけ役が似合ってたように思います。
そして、秘密を握る老婆に、ジーナ・ローランズ。最初は、似てるなぁと思っただけで気づきませんでした。まさか、あのジーナ・ローランズがこんな役やるなんて!!!「グロリア」からは想像つきませんでした。まぁ、これは若い頃の作品で、旦那のジョン・カサベテス監督でしたからね。
「こわれゆく女」なんて、いい映画でしたね~。興味ある方はご覧なってみてください。
この2人を見ているだけでも、価値のあるホラー映画でした。
さて、またおもしろそうなホラー映画見つけますか!

テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  14:04  |  映画  |  TB(2)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.03.05 (Mon)

私の町が・・・。

「日本沈没」

20070305200226.jpg


製作年度 2006年

上映時間 135分

監督 樋口真嗣

出演 草なぎ剛 、柴咲コウ 、豊川悦司 、大地真央
   及川光博 、福田麻由子

(あらすじ)

日本各地で大規模な地震が頻発する中、潜水艇《わだつみ6500》のパイロットの小野寺は、同僚の結城と共に地球科学博士・田所の指揮の下、深海調査に参加。その結果、大地震と噴火活動によって日本が1年以内に沈没するという驚愕の事実を知る。総理大臣・山本は諸外国に日本国民の受け入れを要請し、危機管理担当大臣の鷹森は日本を救う方法を求めて田所を訪ねる。そんな中、小野寺は被災現場でハイパーレスキュー隊員の玲子と出会い、お互いに心引かれるのだった…。

(感 想)

映画館で上映されている時に観に行きたいなと思っていましたが、ある人に「おもしろくないみたいだよ」と言われ、却下されました。
その時、パニック映画にはまり「ポセイドン」とかも行っていたし、草なぎくんも好きだったので楽しみにしていました。そして、DVDレンタル待ちになったのです。やっとレンタル開始!さぁ、観ようと思うと行っても行っても貸し出し中。「私は草なぎくんに会えないの?」って感じで涙、涙。
ないならしょうがないと、お得意のフランス映画を借りて観たのですが、最近観ていなかったので、だる~い話の展開と無意味に脱いでる女優さんにあきてしまい、途中で挫折。これでも、前はフランス映画大大好きだったんですよ。この、挫折したフランス映画の題名は伏せておきますね。わりと、有名な映画で「おもしろかった」と思う人がいると思うので。
それで、TSUTAYAを2件はしごしてやっとDVDに出会えました!
さてさて内容は、地震のあった町で草なぎくんと女の子がレスキュー隊のコウちゃんに助けられるとこから始まります。ヘリコプターから降りてくるとこが、車のCMのコウちゃんとオーバーラップしてかっこいいです。
そして、ここから場面が変わるのですが豊川悦司 が日本は1年もたたないうちに沈没と発表。元妻である大地真央が大地震が各地でおこるなか、なんとかしようと奮闘します。しかし、お偉方が混乱をおさえようと1年を5年と発表・・・。実際、ありそうで怖いですね。
前半はほとんど、豊川悦司と大地真央の物語のようで草なぎくんとミッチーこと及川光博は潜水艇《わだつみ6500》の中のシーンくらいだったと思います。後半になると、草なぎくんとコウちゃんのラヴストーリーが出てくるのですが、もう少しそこで話を盛り上がって欲しかったというのが本音。
ちょっとその辺が物足りなかったのが残念です。
監督が「ローレライ」を撮った方だと聞いて納得がいった気がします。
最後は、ちょっと古いですが「アルマゲドン」みたいな終りかただなと思ったのは私だけでしょうか?ちょっとだけ、涙しました。
ふと、「アルマゲドン」を一緒に映画館に観に行った元彼のことを思いだしましたよ。すぐ、別れちゃいましたけどね~♪
気になったのは、私の住んでる町がまともに津波にあってるシーンがあって、「おいおい、やめてくれよ」という感じでした。ホントだったら怖いじゃない!
全体的には、難しい専門用語がでて「ん?」と思うところがありましたが、残虐なシーンもなく草なぎくんとコウちゃんの、結ばれずに結ばれたラヴストーリーとしては良かったと思います。

テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  20:54  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |