2007年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.02.21 (Wed)

偶数は狙われる?

「友引忌」

p1.jpg


公開年度  2000年7月29日 韓国公開

監督    アン・ビョンギ

キャスト 
キム・ギュリ
チェ・ジョンユン
ハ・ジウォン
ユ・ジテ       
ユ・ジュンサン
チョン・ジュン
チョ・ヘヨン
(あらすじ)

知的な女子大生ヘジン(キム・ギュリ)、男勝りの性格のソネ(チェ・ジョンユン)、司法試験に合格した秀才ジョンウク(ユ・ジュンサン)、大学野球選手のヒョンジュン(ユ・ジテ)、映画監督志望のセフン(チョン・ジュン)、美人のミリョン(チョ・ヘヨン)の6人は大学のサークル「ア・フュー・グッドマン(A few good man)」に所属する仲良しメンバー。ところが、このサークルにウンジュ(ハ・ジウォン)が入って来ることによって人間関係がギクシャクし始める。
ヒョンジュンに想いを寄せていたソネは、彼がウンジュに心を奪われたことに気づくと、ギョンアの秘密を暴露し、自殺に追い込んでしまう。
2年後、大学を卒業し、それぞれの道を歩みだした彼らだったが、予期せぬ再会をきっかけに、ひとり、またひとりと不自然な死を遂げていく・・・・。

(感 想)

冒頭でアメリカに2年間いたソネが、死んだはずのギョンアが見えると言い、ヘジンの部屋にやってくる。それが、これからの恐怖へとつながっていく。
最近はホラーやスプラッターものにはまっていて、残酷なシーンは目にしても一応怯えますが見てしまいます。確かに怖いのだけど、今の実世界の普通の人間のほうが何をするか分からなくて恐怖ですね。
私がいろんな映画を見る限り、けっこう偶数で行動してると狙われやすい。
車が故障して、知らない町に辿り着いた男女4人組、な~んてのは必ず脇役から殺されていく。一度は見たことありませんか?
この映画も仲良し男女6人組に、1人が加わったことで奇妙な出来事がおこっていく。なんとなく展開は読めても見てしまうのは、映画ファンの弱いところ。
私はあまり、韓国映画は見ないので詳しくはありませんが、日本映画に近いものがありますね。特にホラーもの。と、言っても日本映画もあまり見ていない、偏ったあるいはマニアな人間です。でも、最近は大作も見るようになって大人に?なりました。
本編はというと、ギョンアはウンジュに成りすまし6人の前に現れたのですね。ヒョンジュンはウンジュに一目ぼれしますが、それをおもしろくなく思っているソネが6人にウンジュ、いえギョンアの秘密をばらします。
ショックをおこしたヘジンは、「私の記憶の中から消えて」と言い、ギョンアは本当に飛び降り自殺をし、消えてしまいます。しかし、これにも謎があったのです。
ギョンア役のハ・ジウォンはとても綺麗で、日本で言うと松たか子さんに似ている気がします。やはり、ホラーには美人がつきものですか。
男の人は、あまり好みはいなかったのですが、あちらではかっこいいと言われてたりするんですよね。
怖さは、残虐なシーンは何ヶ所かありましたが、こんなものかなぁと言う感じです。ストーリー的には、良いと思いましたがなんとなく何かが足りないような気がしました。前半がわりとスローペースなんですね。後半にドドドーっと詰め込みすぎた感があります。見ておもしろい!怖い!と思った方には申し訳ないのですが、「アイ」のほうが好みでした。
でも、また韓国ホラーを探したいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  23:15  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |