2006年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.09.27 (Wed)

悲しみの赤。

「キャリー 特別編」

carrie.jpg


(あらすじ)

狂信的なクリスチャンの母を持つキャリエッタ・ホワイトは、メイン州の小さな町チェンバレンにあるユーイン高校一のいじめられっ子だった。
 変化は、彼女が十七歳のとき、初潮の訪れとともに始まった。もともと彼女が持っていた念動力(サイコキネティック)の能力が、それによって開花したのである。
 クラスメートたちは誰一人それを知らなかったが、キャリーに初潮が訪れたとき、シャワールームにうずくまる彼女めがけてタンポンやサニタリーナプキンを投げつける悪ふざけに参加したスーザン・スネルは、罪の意識からボーイフレンドのトミー・ロスに、五月のダンスパーティーには、自分ではなくキャリーを誘って参加してくれないかと持ちかける。キャリーはトミーの誘いかけに激しく逡巡するものの、母親の猛反対を文字通り押し切って参加する決意をする。

(感 想)

これは、1976年のアメリカ映画で、監督はブライアン=デ・パルマ。原作はみなさんご存知、スティーヴン・キング(処女長編作)です。
キャリー演じるは、シシー=スペイセクでなんと26歳、見えませんね。
本は持っていたのですが、映画はとても恐いのではないかとずっと観ないでいました。観てみると、ホラーと青春と悲しみがいりまじった素晴らしい作品でした。古いので、今に比べるとイマイチと言う人がいるかもしれませんが、その時代では迫力があったと思います。
17歳で初潮とはかなり遅いですね。それも生理のことも知らずに、お母さんに何故教えてくれなかったか問い詰めていました。
しかし、狂信的なクリスチャン。こんな母親が教えるはずがありません。
逆に、キャリーを追いつめます。初潮をむかえると同時に念動力が芽生えます。五月のパーティで、あこがれの的のトミー・ロスにパートナーに選ばれ、最初は拒むものを、普通の人間になりたいと願いパーティに出るキャリー。自分で作ったドレス、カールした髪、普段はしない化粧。
ベストカップルに選ばれた二人。キャリーは幸せ絶頂の笑顔でステージにたっていました。そこで、クラスメートの嫌がらせで上から豚を殺して得た血がキャリーへ。真っ赤に染まったキャリーは特殊メイクなしで、恐ろしく悲しい形相。その時、キャリーの念動力がパーティ会場を襲う。
彼女の血に染められた顔は忘れられませんね。純粋すぎる彼女はいったい何をしたと言うのです?何故、昔からイジメなんてあるのです?
この世の中を示してるような感じが心の中でフツフツとしました。
これはホラーであり、忠告でもあると思います。
おもしろかったのは、若かりし、細いジョン・トラボルタが出ていたことかな?(笑)
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  21:27  |  映画  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2006.09.19 (Tue)

赤裸々な言葉たち。

「クローサー」

20060919211932.jpg


(あらすじ)

ある日のロンドン。出勤途中の新聞記者ダン(ジュード・ロウ)は、交差点でニューヨークから来たストリッパーのアリス(ナタリー・ポートマン)が交通事故にあう現場に出くわす。それをきっかけに2人は恋に落ちる。一方、小説を出版するダンの肖像写真を撮影したアンナ(ジュリア・ロバーツ)は、ダンのいたずらがきっかけで、皮膚科医のラリー(クライブ・オーウェン)と知り合い、恋に落ちる。だが、やがて4人の関係は錯綜していき………。

(感 想)

予想よりおもしろいと思いました。なかなか四角関係をうまくからませることって難しいと思うので、とてもわかりやすかったです。
あまりに人数を出しすぎて、誰が誰のことが好きでどうくっついたのか、わからないのってあるじゃないですか。それも外人だから名前も知らないような人が出てきたら区別つかない!それは私だけでしょうか?
4人の気持ちがからまり、赤裸々な言葉が宙を飛ぶ。「やった」とか「いった」とかそんなセリフ多かったですね。でも、男女の関係ってこんなものかも知れませんね。恥ずかしがったって、意外に大事なことだから。
ジュリア・ロバーツ、ホントはあまり好きな女優さんではないんですよ。
あれだけ人気があるって、不思議でなりません。でも、今回の役はおさえた演技で邪魔にならなずよかったと思います。
ジュード・ロウ、この役柄良かったと思います。なんとなく、王子様的な風貌で合わないかな?と最初思いましたが、見ているうちになじんできましたね。
ナタリー・ポートマン、文句なく可愛い!いろんな髪の色したり服装も良かった。好きな女優さんの一人です。ストリッパーの役、よくやりましたね。
あまり色気はありませんが、子猫もみたいな感じでよかったです。噂のガエル・ガルシア・ベルナルとはまだ付き合っているのかな?
ゴールデン・グローブ賞助演女優賞取りましたね。頑張ったと思います。
クライブ・オーウェン、初めてみた男優さんでした。ジュード・ロウとのエッチなメール交換(ジュード・ロウは女としてメールしてました)笑えましたね。いかにもスケベそうな顔してますもん。彼も助演男優賞を取りました。それだけのいい演技してましたね。なかなかおもしろい映画だったと思います。

テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  21:51  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.09.05 (Tue)

あの大きさは、ギネスもの?

「ワンダーランド」

20060905220530.jpg


(あらすじ)

1981年夏、ロス市警はワンダーランド通りからの通報を受け取る。
現場で見たものは、4人の惨殺遺体と危篤状態の1人の女性だけだった。
最初は麻薬がらみの事件に見えたが、70年代絶大な人気を誇ったポルノ王ジョン・C・「ジョニー・ワット」ホームズと大物ギャングのエディ・ナッシュが関係していると分かると、ロサンゼルスの暗黒面を浮き彫りにする大事件へ。ホームズの妻シャロン、恋人ドーン・シラー、ギャング仲間のリンドがそれぞれ警察の尋問に答えるが証言は食い違って・・・。

(感 想)

ホームズ演じるはヴァル・キルマー。かなり、髭も髪もモジャモジャなので最初誰だかわかりませんでした。この人の出ている映画は観たことありませんが、『ドアーズ』くらいかな?それほど眼中にない俳優さんです。
ホームズの“もの”はかなり大きいらしく、それでポルノ界に入り込んだのですね。でもこの人、最初は普通の仕事をしてて看護師のシャロンと結婚しました。内容のほうですが、最初はノリがよくカメラワークもかっこいい!
しかし、中盤はまずまずですが終盤は急ぎ出した感じがしましたね。
ヤク中の世界、恐いですね。かなりハイテンションになるみたいですが、切れると暴力振るったりしていいことありませんね。他のDVDの感想にも書きましたが、何故にアーチストは薬にはまるのか?(AV男優はアーチスト?) わかるような、わからないような・・・。事件の犯人は、証言が違うためうやむやになっていました。
これ、実話なんですね。なので、迫力はあったと思います。



テーマ : DVD ジャンル : 映画

EDIT  |  22:06  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |