2006年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.08.26 (Sat)

レンタルしてください。

「オリバー・ツイスト」

(あらすじ)

19世紀の英国。救貧院に連れて来られた、オリバー・ツイストは、粗末な食事に腹をすかせた孤児を代表してお粥のおかわりを要求し、追放処分になる。一旦は葬儀屋に奉公するが、不当な仕打ちに耐え切れず逃げ出してしまう。行く当てもない天涯孤独な身の上では、目の前に延びる街道を遥かロンドンまで、目指すしかなかった。7日間歩き通して、大都会に辿り着いたオリバーは、スリの少年に拾われ、食事と寝床にありつけるからとフェイギンという男に引き合わされる。

20060826200854.jpg


(感 想)

ロマン・ポランスンキー監督の作品です。記憶に新しいのはアカデミー賞も取った「戦場のピアニスト」かな?これは、ユダヤ人のピアニストの話を書いた作品でした。今回は貧しい英国に住む純真無垢なオリバーくんのお話です。一生懸命に靴をぼろぼろにしてロンドンに向かう少年。「頑張れ!」と言いたくなりました。彼はオーディションで選ばれたようで、なるほどよくあるわざとらしい上手さの子役とは違う純粋な演技ですね。スリの少年に拾われフェイギンの宿へ身をよせます。ここは、泥棒の少年を集めた場所でした。オリバーくんも先輩についていき、本屋で立ち読みしてる老紳士のポケットから物を盗もうとしますが、先輩2人が失敗します。オリバーくんは、ただ見ているだけでしたが、町中から追いかけられます。のちに潔白が証明され、老紳士に引き取られます。ここで、めでたしめでたしならいいんですが、フェイギンの仲間に連れ戻されます。なかなか、幸せにさせてもらえないオリバーくん。でも、孤児でここまでいろいろあっても頑張っています。
最後はハッピーエンド?になりますが、何故?がつくのは観た人はわかると思いますがオリバーくんの優しさがせつないのですね。さすが、ロマン・ポランスキー、良い作品でした。オリバーくんに「レンタルしてください」と言われたら、つい会員証をだしてしまいますね。観て損はない作品だとおもいます。

スポンサーサイト

テーマ : 今日見たDVD ジャンル : 映画

EDIT  |  20:47  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.08.15 (Tue)

恐るべし、カサベテス親子。

「きみに読む物語」


20060814235905.jpg


(あらすじ)

療養生活を送る老婦人(ジーナ・ローランズ)の元に、足繁く通う老人デユークと名乗る男(ジェームズ・ガーナー)が、物語を読み聞かせる。 それは、1940年の夏、南部の小さな町で始まる物語。 休暇を過ごしに都会からやって来た17歳の令嬢・アリー(レイチェル・マクアダムス)は、地元の製材所で働く青年ノア(ライアン・ゴズリング)と出逢い、恋に落ちる。 けれど、娘の将来を案じる両親に交際を阻まれ、都会へ連れ戻されてしまう。 ノアは365日毎日手紙を書くが、一通の返信もないまま、やがて、第2次世界大戦が始まる…。

(感想)

あまり期待してなかったんですよね、ベタベタなラヴストーリーのような気がしたし。でも、監督がニック・カサベテスだし、母親のジーナ・ローランズも出てるし、もしかして案外いいのでは?という感じで観始めました。
ノアがアリーにひとめぼれしちゃうところから始まるんですよね。なんかありきたりのようで、観るのやめようかとまで思いました。でも、観ていくとだんだんこの若い二人に吸い込まれていきましたね。若さゆえの激しい愛。
しかし、楽しみもつかのまアリーは都会へと帰ってしまう。そして7年後にはアリーが富豪の男と結婚の約束をしてしまう。ノアはこつこつと自分で古い家の改装をする。それを新聞で見たアリーは、彼のもとを訪れる。
またもや燃え上がってしまう二人。ここら辺はよくあるお話ですが、何十年かごに年老いた認知性の彼女に若い二人の話を彼が読み聞かせるんですね。
最初はわからない彼女も、最後の結末は自分と目の前にいるノアの話だと気づく。二人は抱き合い愛し合ったことを思い出す。ん~、ちょっと泣いてしまいました。わりと好きなタイプのお話でした。さすが、ジョン・カサベテスの息子。彼の映画はけっこう前になりますが「シーズ・ソー・ラブリー」という映画を観たことがあります。ショーン・ペンとジョン・トラボルタが出演しててなかなかいい作品でしたよ。ジーナ・ローランズといえば「グロリア」でしょう。「レオン」の元ネタとも言われるこの作品、彼女はかっこよかったですよ。ニック・カサベテス、期待の監督です。

テーマ : 映画感想 ジャンル : 映画

EDIT  |  00:28  |  映画  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2006.08.13 (Sun)

睡眠タイムを,ありがとう。

「パイレーツ・オブ・カリビアン デットマンチェスト」

20060813232256.jpg


(感想)

これは、あらすじは書かなくても映画好きな皆さんにはわかってると思い、省略。実は、最初のは半分しか観てないですねぇ。そして今回、恥ずかしながら三分の一は寝てました。「なんですってーーーー!!」って思う人もいるかもしれません。しかし、どうしても入っていけなかったのです。
起きたら、気持ちの悪い海洋物の人?たちが出てきまして「ウェッ」って感じ。他の映画でR15やR18がついてる作品があるなら、これもある意味子供たちが気持ち悪がるんじゃないかな?たこみたいなのが船を襲うんですよ。変なサスペンス映画より恐い恐い。悪評ばかり書いてたら石を投げられるかもしれないので、ここで良いところを。ジョニデはやっぱりうまいですね。自分で楽しんでる感じが伝わってる感じがします。冗談言ったり、おちゃめだったり「クスッ」って笑っちゃいますね。オーランド・ブルームはなんとなく存在感が薄い。ジョニデに並べばしょうがないですね。でも、存在感を消すことも役者だと思います。そして、キーラ・ナイトレイはなかなか綺麗な人ですね。ジョニデが昔に付き合っていたウィノナ・ライダーに似てる気がしました。彼はどう思ったのか?二人のキスシーンはなんとなくドキドキしました。「帰ってこ~い、ウィノナ・ライダー!」パイレーツ・オブ・カリビアンは3もありますね。私は、観終わった後「あ~、私は大作に合わないのかな?やっぱり、ミニシアター系が肌に合うのね」と思わせる作品でした。

テーマ : パイレーツ・オブ・カリビアン ジャンル : 映画

EDIT  |  23:43  |  映画  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑
 | BLOGTOP |