2006年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.07.30 (Sun)

女心と髪の色。

「エターナル・サンシャイン」

20060729232717.jpg




(あらすじ)

順調な恋愛をしていたはずのジョエルとクレメンタインだが、バレンタインを目前に控えたある日、2人に別れが訪れてしまう。その数日後、ジョエルは一通の手紙を受け取った。そこには、“クレメンタインはジョエルに関する記憶をすべて消した”と書かれてあった。自分から仲直りしようときっかけを探していたジョエルは、彼女が過去の恋愛をすっぱりと断ち切ってしまった事に大きなショックを受ける。やがてジョエルは、クレメンタインが自分の記憶を消したというラクーナ医院を訪れるのだが・・・。

(感 想)

感想をとても言いづらい作品だと私は思います。場面が二転三転して、「何?」という感じ。クレメンタインがジョエルとの愛しあった記憶を消されていた。それにショックを受けたジョエルがラク―ナ医師に会いに行き、自分も彼女との過去を消そうとする。確かに、恋人との別れを自分で消化できれず過去を消してしまいたいと思うことはあります。その辺は共感できるかな?ジム・キャリーは良かったですね。コメディのイメージがある彼ですが、今回は無口でクレメンタインを愛している普通の男を演じています。
ただ、私だけが思っているだけかもしれませんがケイト・ウィンスレット演じるクレメンタインは魅力を感じませんでした。髪の色をコロコロ変えるのですが顔に似合わない。自由奔放の彼女を演じるにはちょっとどすこい体型のケイトでは感情移入できず。どうせなら、ラク―ナ医師の病院の受付をしていたキルスティン・ダンストとの方が小悪魔的でよかったかも。
脚本ですが、チャーリー・カウフマン。私のお気に入りの「マルコヴィッチの穴」も脚本を書いた人ですね。これは文句なくおもしろかったです。
一時、フランシス・フォード・コッポラと結婚して破局したんじゃなかったかな?せっかくジョニーからの伝言さんから勧められたこの作品ですが、残念!私にはハートにくるものはなかったです。ただ、コテコテの恋愛映画よりは斬新でよかったと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 ジャンル : 映画

EDIT  |  00:09  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.07.22 (Sat)

あごにキュン。

「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」

20060721173537.gif



(あらすじ)

優しくて、賢くて、父に愛されていた兄ジャック。災難な事故で死んでしまったジャック。
「おまえが死ねば良かった」
父に言われた言葉を心の傷にして、ジョニーは成長し大人になった。
ジョニーは音楽スタジオに自分を売りこみ、レコードデビューすることになる。たちまち、人気歌手になり各地でライヴをおこなうことになった。
しかし、ジョニーのことを理解できない妻と不仲になってしまい家庭崩壊になる。
悲しみの中、ジョニーはドラッグにおぼれていく。ライヴ中にも倒れてしまう。
ステージで出会ったジューン。子供の頃にラジオから流れてきた歌声の持ち主だった。人目で恋に落ちるが、家庭があるジューンは受け入れてくれなかった。
実在の人物、人気ものになったジョニー・キャッシュとジューン・カーターの明日へとつづく愛の物語である。

(感 想)

プレスリーと人気を博したと言われるが、勉強不足の私にはジョニー・キャッシュの名はわからなかった。いわゆる、ロカビリー・ロックというものでしょうか?その後に、ビートルズなど出てくるんでしょうね。
さて、この二人。どちらとも結婚を失敗しているのですね。何十回もジョニーがジューンにプロポーズしても彼女がイエスを出さなかったのは、結婚に対して彼女が過敏になっていたのでは?それに、ジョニーはドラックにも手を出していたし。何故に外国のミュージュシャンや俳優は(日本でもありますが)ドラックに浸る人が多いのか?芸術家は現実逃避をしたがるのか。
ジョニー演ずるは、ホワキン・フェニックス。知る人も多いリバー・フェニックスの弟ですね。たしかドラック中毒で亡くなったと思いますが、映画でドラックに手を出す役は彼はどういう風に思ったのでしょう。兄の顔がちらついたでしょうか?この兄弟、あまり似てませんね。リバー・フェニックス、かっこ良かったですねぇ。そして、ジューン演じるはリース・ウィザー・スプーン。アカデミー賞取りましたね。私の感想では、特に目立っていい演技には見えなかったです。ファンの人ごめんなさい。彼女は嫌いではないですが、女優の中で一番ギャラが高いと言われる彼女。アカデミーにはいい女優なんでしょうね。でも、あのアゴはチャームポイントですね。つい目がいってしまう。
驚くのはホワキンもリースも歌は吹き替えなしで、なかなか上手です。リースはたしかミュージカル女優になりたかったはず。吹き替えだとなんか観てて損した気分になるのは私だけでしょうか?
全体的には、あまり盛り上げにかけていましたが、まとまっていたし実際の話だしなかなか良かったと思います。
ジョニーとジューンは家庭を築き、その後もライブを行いジューンが死に、後を追うようにジョニーも亡くなっています。ぜひ、本当の二人を見てみたかったです。

テーマ : 映画感想 ジャンル : 映画

EDIT  |  23:06  |  映画  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑
 | BLOGTOP |