2006年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.03.29 (Wed)

物語る、左手。

「ヒトラー ~最後の12日間~」

20060329003843.jpg


1942年11月、ナチス親衛隊に護衛された若い女性たちが続々とヒトラーのいる東プロセインの指令本部、通称狼の巣へ入っていった。彼女達はヒトラーの個人秘書候補達だった。その中の一人でミュンヘン出身のトラウドゥル・ユンゲが個人秘書として採用される。ヒトラーにとってミュンヘンはナチスを旗揚げした地として懐かしくもあった。それから約2年半が経過した、1945年4月20日・ベルリン、第2次世世界大戦の欧州戦線もいよいよ大詰めを迎えようとしていた。ヒトラーは限られた側近や家族をつれて首相官邸の地下にある要塞へ退却していた。その中にユンゲの姿もあった。
ヒトラーはすでに客観的な判断を下すことをしなくなっており、実現不可能な大逆転劇を口にする。周りのものも困惑するが・・・。

なんとも感想が書きづらい映画である。まさしく、ヒトラーの最後を中心に描いたドキュメントでアウシュビッツで600万人が犠牲になったことは触れず、自殺する前と後を個人秘書の目で語られる。自殺する前に愛人エヴァと結婚するところが印象的で、一緒に拳銃自殺する。15年も一緒にいた二人は何故今まで結婚しなかったのだろう。それが不思議である。ヒトラーは、戦争のことになると狂ったかのように下の者に無理な命令をくだす。しかし、女性や子供の場合には優しいおじいさんになるので二重人格ではないかと思ってしまう。そして、気になるのは左手の振るえ。それはまるで彼の心の振るえのように感じてしまう。ヒトラーは夫人と自殺したあと、人の目に触れぬようガソリンで燃やして欲しい頼む。彼が死んだところであれだけの犠牲者を出した事実は消せない。しかし、彼を追って自殺する人たちが何人かいた。彼に翻弄された人の気持ちはわからない。この映画がヒトラーを英雄かのように作られてると思う人がいるだろう。ヒトラーはこの世界にいてはならぬ独裁者である。


スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 ジャンル : 映画

EDIT  |  00:39  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.03.23 (Thu)

誰にでもある、心の隅に。

「ネバ-ランド」

20060323002347.jpg


劇作家のジェームズ・バリは新作「リトル・メアリー」の初日を迎えるが、その出来は芳しくなく、興行主チャールズや友人コナン・ドイルからも失敗作といわれる。
翌日の新聞には案の定、評論家達の酷評が掲載されていた。
失意のジェームズは気分転換のためにもと、日課である朝の散歩へと公園へ出かける。
そこで偶然知り合ったのが、若く美しい未亡人シルヴィアとその4人の息子達だった。
この家族、特に3男のピーターとの交流の中で、「ピーターパン」の物語が作られてゆく。

またもやジョニデの映画を見てしまいました。やはり好きな俳優のものに手を出してしまいますね。「チャ―リーとチョコレート工場」を見てからこの映画を見るとかなりのギャップがありますね。髪の毛が昔の話なのでしょうがないのですが、なんだかちょっとおじさんっぽい。でも、扮装していないジョニデの素顔はいい男ですね。どこがいいの言うという人もいるけれど、ある意味ブランド品のようでケチがつけがたいとしか言えません。
映画の方は、正直前半寝そうでした。(笑)ケイト・ウインスレット演じるシルヴィアとその4人の子供たちと仲良くなるまでが長く感じられ、映画的には好きな内容でしたが丁寧に作りすぎた感じがしました。後半は4人の子供だちに影響を受け作った作品が観客に認められ、そしてシルヴィアが死んでいくあたりはよかったと思います。残念なのは、ダスティ・ホフマンが出演してたようですがわかりませんでした。気づかなかった私が悪いのか、地味な彼が悪いのか、映画好きな私はまだまだ修行がたりません。作品としては、残念ながら少し退屈に感じたのでもったいない気がしましたが、ジョニデはかっこいいなとつくづく感じる映画でした。

テーマ : 映画グッズ ジャンル : 映画

EDIT  |  01:13  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.03.13 (Mon)

チャ-リー、浜?とチョコレート工場。

「チャ―リーとチョコレート工場

20060313172057.jpg


両親と両祖父母と傾いた家に住むチャーリー少年。彼の楽しみなのは、年に一度誕生日に買ってもらえるウォンカ印のチョコレート。世界中で爆発的に売れているウォンカのチョコレートですが、実はこの工場に誰一人出入りしているのを見たことはありません。世界中に愛されているチョコレートなのに。いったい工場中の中はどうなっているのか?ウォンカ氏とは何者なのか?謎は膨らむばかり。ある日、工場に5人の子供だけ工場に招待するとウォンカ氏が発表。チョコレートにゴールドの紙がはいっていれば当たり。
さて、チャーリー少年はどうなるのか?


チャ―リーはゴールドの紙を手にいれ、昔工場で働いていた祖父と工場へ。
後の子供4人は最悪なメンバー。デブや、憎まれ口たたく子や自慢する子など。チャーリーだけが素直ないい少年なのである。そして、ウォンカ氏。もちろんジョニー・デップなのだが、白塗りの化粧で気持ちが悪い。動き方も独特なもの。候補があと3人いたそうだが、ジョニーより他誰がいただろう。でも、もう40才過ぎてるはずなのに立派である。たまにおバカな冗談を言って子供たちに白い目で見られるが、楽しんでるように見える。チャ―リー浜だ!彼にチャーリーと言う名前をつければよかったのに。これが残念である。私的に残念である。正直にいうとあまり感想がないのである。工場で働いていたのはウンバルンバという種族で色々着てる服の色は変わっているが、みんな同じ顔。時々歌を歌ってくれる。後はリスが何十匹か働いている。書けば書くほど内容が伝えられない。笑いもあるし、皮肉もあるので楽しめたが、最後の終わり方は私的にはあまりおもしろくなかった。
監督、ティム・バートンといえば昔の「シザー・ハンズ」を思い出す。共演していたウィノナ・ライダーが金髪のロングで可愛かった。ジョニーデップとは何年か恋人同士で羨ましかった。今のジョニーはフランス娘のヴァネッサ・パラディとの子供がいる。彼女は若い頃最後のフレンチ・ロリータと言われ、今はもう亡くなっているセルジュ・ゲンズブールに曲を書いてもらっていた。チャーリーのお母さん役にヘレナ・ボナム・カーターが出演してるのが嬉しい。彼女の代表作「眺めのいい部屋」は私の好きな映画です。
ティム・バートンとの間に子供がいるそうで、なんとなく不釣合いな感じがするけど幸せならいいですね。

テーマ : 映画感想 ジャンル : 映画

EDIT  |  17:24  |  映画  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2006.03.08 (Wed)

さよならはまだお先に。

「さよなら、さよならハリウッド」

sayonara.jpg


オスカー2度受賞の元天才監督ヴァルは、今はすっかり過去の人。細々とCM仕事を請け負い食いつないでいた。そこにハリウッドのメジャースタジオから映画監督の話が舞い込む。実は映画プロデューサーは元妻で、エリーの計らいだった。自分を捨ててNYから西海岸に移り住んだエリーに、恨みも未練もたっぷりだがこの仕事を引き受けることにした。ところがクランクイン直前に心因性の失明状態に陥って。

やっと見れましたウディ・アレンのこの映画。大ファンな私にはとても嬉しい限り。中身はとてもアカデミー賞なんてもらえるような内容ではないけれど、いいんです。彼は彼なのです。内容はもちろんおもしろいですよ。でも、人によって好き嫌いあるしつまらないかもしれない。この人こそよく好きに映画を撮らせてもらってる監督ではないでしょうか。もうお年なのに、若い女の人に持てる役、ウディが出演する映画の場合は当たり前なのです。
今回もティア・レオ―ニという彼女が元妻役です。私はこの女優さんはしらないですが、化粧っけのないシャロン・ストーンに見えました。
ウディは、恋愛・映画のパートナーに、ダイアン・キートンやミア・ファローなどがいました。しかし、ミア・ファローの養女のスンイと内緒で性的関係になり、一大スキャンダルになりました。当時スンイは21才、ロリコンなのか彼は?と思いましたが別にいい作品を作ってくれてるのでいいです(笑)ハリウッドにさよならするなんて、さすがウディ・アレン。年令は70才と聞いてましたが、またがんばって映画つくってください。彼の映画に出たがる俳優が多いというのはなんとなくわかります。
爆笑問題の太田もファンみたいで、親近感ありまくり。ウディ・アレンの映画を見たことない人は、やっぱり「アニ―・ホール」がお勧めです。


テーマ : ★映画の話題 ジャンル : 映画

EDIT  |  21:29  |  映画  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2006.03.02 (Thu)

人間トランプ(裏か表か?)

「ドックヴィル」

20060302161354.jpg


山あいの小さなドッグヴィルに、綺麗な女グレースが逃げ込んでくる。
どうやら何かしでかしたのか、ギャングに追われているらしい。
トムという若い男、正しく村人を導くことに情熱を燃やしているトム。彼は素性の知れない彼女を村でかくまうことを提案する。グレースを受け入れる条件は、2週間で村の人全員に気に入れられることである。閉鎖的な人々と打ち解けようと自ら肉体労働を申し出て、必死に尽くし始めるが・・・。しかし、男たちの性欲の捌け口となり、女たちは嫉妬に似た冷たい態度に耐えなければならなかった。

見た人は誰でも思ったろうが、床にチョークで書かれた家、道。棚やベッドイスなどの必要最低限なものしか置いてない。生活は丸見えである。もちろんこの村人には見えないのである。はっきり言ってこの映画は最初駄作だなと思った。しかし途中から心臓をつかまれたように画面から離れなかった。ニコール・キッドマンが綺麗すぎるかな?と思ったが人々からの仕打ちに耐えている顔は人間的に見えた。トム・クルーズと離婚してよかった?(笑)
監督はラース・フォン・トリアーで、「奇跡の海」「ダンサー・インザ・ダーク」を生んだ人です。わりと、マニア受けの良い人だろうな~。私は個人的に「奇跡の海」がお勧めです。ちなみに主演はエミリー・ワトソンで私の好きな女優です。

テーマ : 映画感想 ジャンル : 映画

EDIT  |  17:04  |  映画  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑
 | BLOGTOP |