2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.05.11 (Sun)

悲しみを背負う少女と父、サマリア。

「サマリア」

sa.jpg

上映時間 95分
製作国 韓国
初公開年月 2005/03/26
ジャンル ドラマ

監督: キム・ギドク
脚本: キム・ギドク

出演 クァク・チミン( ヨジン)
ソ・ミンジョン (チェヨン)
イ・オル (ヨジンの父親ヨンギ)

(あらすじ)

ヨジンとチェヨンは親友同士。2人でヨーロッパ旅行へ出るために、チェヨンが援助交際をし、ヨジンはそれを嫌いながらも、見張り役をしている。ある日、警察に踏み込まれたチェヨンは、いつもの笑顔を浮かべたまま、窓から飛び降りて死んでしまう。ヨジンは、そんなチェヨンの罪滅ぼしのために、相手の男たちにお金を返しはじめる。しかし、ヨジンの行動に気付いた父、ヨンギは、やり場の無い怒りから、男たちへ制裁を加えはじめた。

(感 想)

久しぶりに記事をあげようと思い、何本かDVDを観ました。その中で選んだのが韓国映画で援助交際をテーマにしたものでした。
無邪気な笑顔で体を売るチョヨン、見張り役をするヨジン。
日本でもまだ、援助交際はありよく新聞に載っていますが悪く書かれるのはいつも男の人。
もちろん悪いと思いますが、納得して援助交際をする女の子も考えものです( ̄∀ ̄)ノ 

ヨジンはチェヨンの体を洗ってあげながら、「こんなキレイな体を男たちが触るなんて」と言います。
チェヨンはヨーロッパ旅行に二人で行くために、「あと10人と会わなくちゃね」と笑顔。
何故あんなに雪のようにキレイに笑えるのか私にはわかりませんが、とても切なくなりました(σ-σ)

sa2.jpg

ある日、ホテルで警察官に追われたチェヨンは窓からためらいもなくまた笑顔で飛び降ります。
泣き叫ぶヨジン。彼女をおんぶし病院と駆け込みますが、その日で死んでしまいました。
死に顔も笑顔で、天使のように逝ってしまったチェヨンは、最後は何を考えていたのでしょう。

sa3.jpg

ふとしたことで、警察官の父親ヨンギがヨジンのしていることを知ってしまいます。
悲しみにくれるヨンギは男たちを尾行し、制裁をくだします。
まっすぐに娘に問いただせない父親が寂しい・・・。

sa4.jpg

父親が娘にどういう答えを出すのか興味ありましたが、最後は予想ハズレでした。
デリケートな問題、娘が男たちに体を触れさせてるのを想像すれば難しいこと。
彼女を傷つけまいとしての結果でしょう。。。

さま

スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  10:59  |  映画  |  TB(1)  |  CM(18)  |  Top↑

2008.04.23 (Wed)

美しき吸血鬼、クロコダイルの涙。

「クロコダイルの涙」

くろ

上映時間 95分
製作国 イギリス
初公開年月 2000/11/18
ジャンル ドラマ/サスペンス

監督: レオン・ポーチ
脚本: ポール・ホフマン

出演: ジュード・ロウ
エリナ・レーヴェンソン
ティモシー・スポール
ケリー・フォックス
ジャック・ダヴェンポート
コリン・サーモン
トム・ウー

(あらすじ)

美貌の青年医師スティーヴンは、自分を愛してくれる女性の血を吸わなければ死んでしまう男だった。次々と女を誘惑してはその首筋に食らいつき完全犯罪を重ねていた。新たな獲物アンと付き合い始めたスティーヴンであったが、彼女を本気で愛してしまい、彼女の血を吸うことにためらいを感じ始めていた。一方、警察ではスティーヴンの恋人たちが不慮の死を遂げていたことから、彼に疑いを抱いていた。アンの血を吸いかねているうち、彼の身体には限界が迫っていた……。

(感 想)

この映画はけっこう古い作品なんですね。(撮ったのは10年前くらい)
内容はわりと単純な気がしましたが、ジュード・ロウの若かりし頃を観れてよかったなと思いましたよ♪( ̄∀ ̄)b
その頃から頭の生え際は気になりましたが、いい男はいい男ですね~。
でも、今の年を重ねた彼もいい感じだと思います。
前はあまり興味なかった彼ですが、『ホリディ』あたりで「おっ!いいじゃないの!」って少しファンになりましたヽ( ̄∀ ̄)ノ

くろ1

愛してくれる人の血を吸わないと死んでしまうなんて、なんてロマンチック!
とは言え、吸われた方はありがた迷惑。でも、吸う姿もお美しい(*^д^*)って、すっかりファンじゃない!
ジュード・ロウの映画、2,3本観ているはずなのに、気づかなかったなんてガエルくんに愛を注ぎこみすぎました。愛は平等に( ̄∀ ̄*)

くろ2

アンを演じたエリナ・レーヴェンゾーンという女優さんは、初めてお見かけするのですが女優という感じのしない透明感のある女優さんですね。
イギリスの女優さんでしょうか、アメリカの肉感的な女優さんと比べたら私好み方でした。
役柄は、か細い体で男勝りに仕事をし、スティーヴンじゃなくても惚れちゃうのでは?と感じましたね(σ∀σ)
彼女を本気で愛してしまい、血を吸いそこねて弱っていくスティーヴンの姿が悲しいです。。。
人間としての吸血鬼だからこそ、悲しさが倍増されてるのでは?

くろ3

ジュード・ロウの美しさを再確認した今、「ジュード・ロウ祭り」を密かにやろうと検討中。
ただ、彼の出ている映画を観るだけですけどね(*⌒д⌒*)
好きな俳優が増えた喜びを、お母さんに伝えたいです。

kuro.jpg

テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  06:16  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2008.04.12 (Sat)

ミアとの最後の作品、夫たち、妻たち。

「夫たち、妻たち」

o.jpg

上映時間 108分
製作国 アメリカ
初公開年月 1993/06/
ジャンル ドラマ

監督: ウディ・アレン
脚本: ウディ・アレン

出演: ウディ・アレン
ミア・ファロー
ジュディ・デイヴィス
ジュリエット・ルイス
リーアム・ニーソン
シドニー・ポラック

(あらすじ)

マンハッタンに住む大学教授のゲイブ・ロス(ウディ・アレン)と美術関係出版社に勤めるジュディ(ミア・ファロー)夫妻には、親友のジャック(シドニー・ポラック)とサリー(ジュディ・ディヴィス)夫妻がいる。ある夜、会食の席上で、ジャックたちから別居し、別れることになるだろう、という話を聞いたゲイブとジュディはショックを受ける。

(感 想)

いかにも彼の作品だなと思わせる、いいキャスティング・映像・脚本だと素人ですが私は言いたい。
しかし、これはミア・ファローとは最後の作品、彼は大スキャンダルを起こします。
知っている人もいると思いますが、ミアの養女と関係をもってしまいます(ノ ̄∀ ̄)ノ
やっぱり若い女が年老いてもいいのかなぁ?と考えてしまいました。

長年、彼の作品を観ている私が思うのは、これは得意分野のいい作品。
でも、これ前にも観ていたのですね~。途中で「ん?観たことある場面が・・・」と気づき、ショックを起こしました((((( ̄∀ ̄;)クラッ。
皆が認めるウディ・アレンのファンなのにぃ!まだまだ修行が足りません。

と、この映画は大人の内容で(私も立派な大人です)、友人夫妻の離婚、若い相手との新しい恋、
体の相性などに頭を悩ませます。
若い人たちも同じような悩みを持つかも知れませんが、年老いていくと慎重にならざるおえないのですね。

お1

ウディ・アレンはよくセックスの悩みや、出演者や自分がセラピーに行ってることなどを映像にします。
今回は出ませんでしたが、自分がユダヤ人だと言うことなどもセリフにありますね。
彼ほど、好きに撮っている監督・脚本家はいないのではないでしょうか?
そこらへんが私が彼のことを特別な人と感じるところです。

お2

大学生役のジュリエット・ルイスとのキス・シーンがあるのですが、監督の特権とは言え彼女がちょっと可愛そうな気がしました; ̄∀ ̄)どう思ってキスしたのでしょうね?
私がもし映画に出演できて、彼とのキスシーンがあったらどうだろう・・・。
監督・脚本家・役者として尊敬しているのですが、ちょっと考えますね。

マンハッタンを舞台に繰り広げられる恋愛劇、観て損はないアレン節を堪能してみては?


テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  22:47  |  映画  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2008.03.30 (Sun)

ゲームは苦手なのよ、サイレントヒル。

「サイレントヒル」

sai.jpg

上映時間 126分
製作国 アメリカ/日本/カナダ/フランス
初公開年月 2006/07/08
ジャンル ホラー/サスペンス

監督: クリストフ・ガンズ
製作総指揮: ヴィクター・ハディダ
アンドリュー・メイソン
山岡晃
脚本: ロジャー・エイヴァリー

出演: ラダ・ミッチェル( ローズ)
ショーン・ビーン (クリストファー)
ローリー・ホールデン (シビル)
デボラ・カーラ・アンガー (ダリア)
キム・コーツ (トーマス)
ターニャ・アレン (アナ)
アリス・クリーグ (クリスタベラ)
ジョデル・フェルランド (シャロン)

(あらすじ)

夢遊病のように歩り、“サイレントヒル”とつぶやきながらうなされる少女シャロン。ローズとクリストファーの夫婦は、赤ん坊の頃に養女として引き取った愛娘の言動に心を痛めていた。サイレントヒルという街が実在することを突き止めたローズは、車でシャロンと街へ向かう。そこは30年前の大火災が発生後、閉鎖された街だった。山道で事故を起こしたローズが意識を取り戻すと、娘がいない。彼女は娘の姿を求めて、灰の霧に覆われた街へと足を踏み入れた。

(感 想)

気楽に借りたこの映画、オカルトでゲームが最初なのね?私の苦手なこのタイプ。
観てて長かった~、最近2時間だと疲れちゃって; ̄∀ ̄)
面白くないわけではないのだけれど、とてももったいぶった感じがして飽きたなぁ。
これが90分くらいなら、退屈しなかったかも。でも、そのくらい丁寧につくられたってことなのか。

結局、悪魔払いの話なのですが、そこまでたどり着くまでが時間がかかっていたような気がするね。
子供のためにと紛争するローズって頑張っているようで、けっこう単独行動が多くて、周りに迷惑かけてるような気がするのは私だけか?( ̄∀ ̄;)
親子愛としては、養女なのにホントの娘と思い“サイレントヒル”に向かうローズは凄いと思うけど、旦那は無視かいな。

時々気持ち悪い物体が現れそこが少し怖かったけど、目を覆うような場面はなかったのが残念( ̄人 ̄)
と、言っても血がけっこう噴出しちゃったりしてるのですが、『ソウ4』を観た次の日に観たのでなれちゃったのね。

この年齢不詳のローズ役のラダ・ミッチェル、けっこう私が観た映画に出てましたよ。
『メリンダとメリンダ』『モーツァルトとクジラ 』『ネバーランド』など。
どれもいい作品で、これからまたいい映画に出会えるのでは?
シャロン役のジョデル・フェルランドも可愛くて、芸達者でグー♪( ̄∀ ̄)bこれからが楽しみな二人だなと思いました。

このゲームを知ってる方たちは、この映画はどう観たのでしょう?興味津々です!

sai1.jpg

テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  00:40  |  映画  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2008.03.25 (Tue)

赤い水着に釘付け!、タロットカード殺人事件

「タロットカード殺人事件」

taro.jpg

上映時間 95分
製作国 イギリス/アメリカ
初公開年月 2007/10/27
ジャンル サスペンス/コメディ/ミステリー

監督: ウディ・アレン
脚本: ウディ・アレン

出演: スカーレット・ヨハンソン (サンドラ・プランスキー)
ヒュー・ジャックマン (ピーター・ライモン)
ウディ・アレン (シド・ウォーターマン)

(あらすじ)

夏休みを利用してロンドンの友人宅に滞在中のアメリカ人学生サンドラは、遊びに行ったマジック・ショーで、敏腕新聞記者ストロンベルの幽霊に遭遇し、巷を震撼させる連続殺人事件の犯人が青年貴族ピーター・ライモンであるという特ダネを明かされる。ジャーナリスト志望のサンドラはスクープをものにしようと、三流マジシャンのスプレンディーニこと同じアメリカ人のシドと組んで上流階級のピーターに近づく。

(感 想)

私の大好きなウディ・アレンの作品を、堂々と新作金額でレンタル♪普段は安い準新作や旧作を借りる私、立派です!
観てみると、いかにも彼らしい映画で嬉しくなってしまうヽ( ̄∀ ̄)ノ

ひょんなことから幽霊の敏腕新聞記者から、黒髪のショートヘアーばかり狙う“タロットカード殺人事件”の犯人が青年貴族のピーターだと明かされます。
休暇中のサンドラと三流手品師のシドは、親子を装い彼に近づきます。

taro1.jpg

出会った場所はプール。シドの言うとおりに溺れてピーターに助けられるサンドラ。
もう真っ赤な水着のむっちりボディですよ(ノ ̄∀ ̄)ノオオォォ痩せている女性がもてはやされる昨今、彼女は貴重な存在です。さすがはスカ子様!
ピーターもそりゃ誘うわけですね、まんまと接近に大成功!
『むっちりボディ殺人事件』でもいいくらいに、この水着姿は迫力でした。

taro2.jpg

ピーターに会うたびに好きになってしまう・・・。途中からは、彼の無実の証明をするために探りを入れていたのではないでしょうか?
しかし、彼はロンドンから離れると言いながら町でサンドラとシドに見られてしまう。
彼は無実なのか、犯人なのか?揺れる恋心をうまくスカ子は演じています。

taro3.jpg

taro4.jpg

ストーリーの展開は読めてしまうのですが、ウディ・アレンはあまり気にしてないのでは?
洒落てて、会話がおもしろくて、それが彼独特の世界観であり、やはり脚本がいいんでしょうね、とても魅力的な人物像になっています。
彼の映画を一度も観たことのない方なら、この作品から観ても楽しめると思います。
ぜひ、ご賞味あれ!

たろ

テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  21:51  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT