2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.01.27 (Fri)

抱きしめてあげたい。

「あおぞら」
20060127225923.jpg


この本は18才の女の子が書いた小説である。中学生の時に、友達だと思ってた男の子たちが夏に暴行をした。その時から世界が終わった。私は汚れていると思った。でも、こぅちゃんと出会ってからは違った。過去の真実を話しても抱きしめてくれた。なのにこぅちゃんは遠い所に行ってしまった。

星野 夏さん、18才が書いた小説です。芥川受賞の金原ひとみ、綿矢りさにはとうていかなわないが、とても、まっすぐに書かれている。こぅちゃんとのやりとりは読むほうが恥ずかしいくらい。でも、幸せは長く続かない。
私は目をつむり18才の夏さんになってみた。涙がつーっと流れた。
どうぞ読んでください。とは、言いません。特に、心が弱ってる人には。
でも、夏さんには幸せになってほしいです。
スポンサーサイト

テーマ : 読書 ジャンル : 小説・文学

EDIT  |  16:50  |  読書  |  TB(1)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.12.09 (Fri)

読書の微熱。

「博士の愛した数式」

最近、読書微熱が少し出てきてちょこちょこ読んでいます。

前はミステリーが多かったけど、今は話題作やら恋愛小説やらいろいろ読んでます。

その時にもらった本がこのタイトルだったのです。私は、数学が大嫌いで

タイトルに数式なんて入ってたから、なかなか読めませんでした。

読むきっかけになったのは、仕事が暇だったのでこの本を持ってきて読んでました。

最初は?って感じで読んでましたが、次第に吸い込まれていったのです。

内容は17年前に交通事故で、頭を強くうち命は別状ないけれどその時から

博士の頭は、80分の記憶しかできませんでした。そこに家政婦とその子供が登場。

最初はびっくりしていた二人は、だんだんこの博士といる時間が楽しく思いはじめる。


こんなハート-ストーリー皆さんも、ご覧になって見てください。
EDIT  |  19:57  |  読書  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑
 | BLOGTOP |